2019年05月28日

リフォームは終わったけれど

先週末で、リフォームが後片付けまで含めてすべて終了しました。
リフォームについての日記は、追々記録として残しておこうと思います。

さあ、今日からは元通りの日常が始まる!
と思い、朝、4階の仕事場へ向かうと・・・

エレベーターを降り、廊下に出たところで、パタパタと動く小さな生き物が!

文鳥!?
どこかの家から出てきちゃったのかな?、と思い、とりあえず保護できれば、と、手を伸ばし「おいで」と声をかけました。
文鳥はオカメインコよりもはるかにすばしっこいし、ヒナの頃からちゃんと育てないと手乗りにならないということは知っていたので、捕まえるのは難しいかな、と思いながらだったのですが・・・

なんと、手を飛び越えて、頭の上にとまりました!
オカメよりもはるかに軽いので、乗っているんだかいないんだかわからないくらいのところ、そ〜っと仕事場のカギを開け、室内へ。

鏡を見てみると、確かに乗っていました!文鳥が!

IMG_04810001.JPG

見たところ、身体全体が灰色をした、「シルバー」と言われる文鳥のようです。

人を恐れるようなそぶりは全く見せないのですが、さすがに見慣れない空間に来てしまったからか午前中は緊張感もあり、固まっているような感じでしたが、午後になると水を差し出すとゴクゴクと飲み、むき餌を差し出すとパクパクと食べるようになってきました。

そのうちすっかりリラックスしたのか、前腕部に乗って毛づくろいをはじめ、その後、寝てしまいました。
鳥にとって一番リラックスしている状態というのは、毛づくろいをしている時と寝ている時なので、我が家をとりあえず居場所と認識してくれたんだな、とひと安心。

IMG_04840001.JPG

ただ、これだけ人懐っこい子なだけに、いなくなったら飼い主さんも相当ショックだろうと思うので、ひとまずは警察に連絡。
もともと鳥を飼える環境があるので、警察に預けるよりも飼い主が見つかるまでは我が家にいた方がいいだろう、ということで、我が家に預かることになりました。

まぁ、公的な機関だから当然なのでしょうけど、「飼育委託受領書」なる書類にサインをし、取得物の扱いに関する書類を警官の方が書き込みながら、「3か月落とし主が見つからないと、権利が取得者に移ることになりますが、権利はどうされますか?」と、言われました。

・・・まぁ、生き物ですから、「いりません」って訳にはいかないよね、人として(苦笑)


それはともかく、この子はとても人懐っこく、すごく可愛いです。
飼い主さんには、さぞかし可愛がられていたことでしょう。

なんとか、飼い主さんのもとに帰してあげたい!


ぴぃがいなくなった時、僕らがどれだけ悲しんだか・・・
思い出すだけで涙が出てきます。

でも、今回のことで、やっぱりぴぃは生きているだろうな、と確信が持てました。
ぴぃも、ものすごく人懐っこい子だったし、お腹が空いて困ったら、とりあえず目の前の人の頭なり、肩なりに乗っかるタイプの子だったから。

その子がいなくなった飼い主の気持ちがわからなければ、そのまま連れかえっても無理もない、かわいい子だったから・・・


同じように、これだけベタベタに慣れたかわいい子がいなくなってしまったら、飼い主さんは相当悲しんでいることだと思います。
警察任せにせず、張り紙を出したり、迷い鳥サイトとかにも情報を登録したりして、飼い主さんの目にふれるようにいろいろやってみようと思います。


ちなみに、我が家のオカメインコ、りんとの関係は・・・
りんは、別に縄張りを主張するようなこともなく、敵意を向けるようなこともないのですが、りんが飛んだりすると、文鳥ちゃんがびっくりして飛び回り、それに驚いたりんも飛び回ってカオスな状態になる、ということはありましたが、双方攻撃的になるようなことは無いようなので、とりあえずは安心できそうです。

りんは、産卵期以外では絶対に強く噛んだりしない子ですし、この子も強く噛んだりはしない子のようなので、そのうち慣れて、同じかごの中にも入れるくらいになってくれると良いですね。

何より良いのは、飼い主さんが見つかってくれることですけど。
posted by あきやん at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ

2019年02月13日

えっ!? もう2度目の産卵期?

IMG_02950001.JPG
うちのオカメインコ、りんが1度目の産卵期を終えたのは、12月31日。
前回のブログを書いた後、本人も意外そうにポコッと4つめのたまごを産み、打ち止めとなりました。

その後はたまごを産む前と違ってベッタベタに甘えてくるようになり、飼い主としては嬉しい日々を送っていたのですが・・・

1月の末、異変が。

また、大きな声で鳴きながら飛びまわってみたり、かご状のものに入り込んで出てこなくなったりと、産卵期の兆候を見せ始めました。

まさか、まだひと月も経ってないのに、そんなことが・・・と、思ったころ。

また、先月と同じように、冠羽をペタッとつけて、頭を伏せ、おしりを上げて動かなくなる、という行動を見せました。

オカメインコが産卵期に入るときにそういう行動をとる、という情報は、ウェブ上で見つけることは出来ませんでしたが、自分の感覚としてはものすごく象徴的な行動だと認識しています。
まぁ、自分ほどオカメインコと1対1で長い時間を過ごしている人も少ないと思いますしね・・・

と、いうことで、その後、さらに順調に産卵期の行動をみせてきました。
たまごを産む直前の行動、かごに入り込んで出てこず、のぞき込むと猛烈な勢いで威嚇してくるようになりました。

前回の経験からすると、この状態が始まってから1週間くらいたったころに産むのかな〜、と思っていたところ。

2日後には、1つめのたまごを産みました。
それから、1日おきに、今回も合計4つのたまごを産み、打ち止め。

たまごを抱いている間は、例によって自分からは絶対にかごから出てこないので、1日4回の強制排便と、水分補給の繰り返し。

前回はたまごを産み終えたと思ったところですぐにたまごを取り出してしまったことが、こんなにも間隔の短い産卵期の原因なのかもしれないと思って、今回は本人があきらめるまでたまごを抱かせてみることにしたのですが・・・4日であきらめたようです(はやっ!)

IMG_03120001.JPG

そしてまたその後は元通り、どころか、さらに甘えるようになってきました。
以前は、仕事中も割と一人遊びをしていてくれたので邪魔になることは少なかったのですが、肩だったり頭だったりに乗ったまま降りようとしないし、自分の周りをウロウロするようになってちょっと仕事上支障をきたすようになってきたのはちょっと問題ではあります(苦笑)

でもまぁ、これだけ甘えられると、飼い主としては嬉しい限りなのですが(笑)

IMG_03140001.JPG

それにしても、こんなにも短い周期で産卵期を迎えるというのはちょっと困ります。
そもそもブリードを目的としない1羽飼いなので、母体に負担のかかる産卵は出来るだけ少ないほうがありがたいのです。

また来月にもたまごを産むような事になったら、さすがに対策を考えないといけないかもしれないなぁ・・・
posted by あきやん at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ

2018年12月30日

産卵期

IMG_0035(Edited).jpg

今月に入ってから、我が家のオカメインコ、りんの様子がおかしくなってきました。

やたらと鳴きながら飛びまわったり、かご状のものに入り込んで出てこなかったり、ティッシュペーパーをつつきまくったりし始めたのです。

最初のうちはそんなこともあるか、と思っていたのですが、ある日、冠羽をペタッと頭につけて、頭を下げておしりを持ち上げ、そのまま動こうとしない、ということがあり、これはひょっとしたら・・・と気がつきました。

りんはちょうど1歳。
たまごを産みはじめても不思議じゃないお年頃です。

そのうち仕事用のかごの中に陣取り、手を伸ばすと羽を広げて威嚇し、全力で噛みついてくるようになりました。
それまでは甘噛みすることはあっても、痛いほどの噛みかたはしない子だったのですが・・・

IMG_0148.jpg

これはもう間違いない、産卵期にはいったな、と。
そうこうするうち、自宅の移動用かごの中から出てこなくなってきたので、かごの中に木くずを入れて、フードをかぶせて光が入らないようにしました。

IMG_0165.jpg

すると、かごの中から全く出てこなくなり、うんちもしなくなりました。
産卵期のオカメは、寝床をを汚さないように、かごの中では排便しなくなるそうで、無理やりかごの外に出してあげると、思い出したように、見たこともないほどおっきなうんち(笑)
水を飲んでいる様子が無かったので水を差し出すと、これまた思い出したようにゴクゴク飲んで、パッとかごの中に入っていきました。

自分から外に出ようとは全くしないので、1日3回外に出し、排便と水分補給をさせること数日。

12月25日、最初のたまごを産みました。

IMG_0162.jpg

あまりたまごを産みすぎるとオカメの体に良くないということだったので、偽卵を一つずつ追加していき・・・最終的には、1日おきに合計3つのたまごを産みました。

自分が産んだ以上のたまごがあることに、ちょっと不思議そうなそぶりを見せてはいましたが(笑)、まんまとだまされて5つのたまごを温める姿が、何ともけなげでかわいかったですね〜


3つめのたまごを産んだあと、あ、これで打ち止めだな、ということがはっきりとわかりました。
それまでは、自分からはかごから絶対に出なかったのが、自分から出てくるようになったのです。
そのうえ、攻撃的で近寄りがたい状態だったのが、「ピヨッ」と可愛い声で鳴きながら、肩や頭に乗ってくるようになりました。

そこで、たまごを取り出して、かごを通常モードに戻すと、完全にもとどおり。
むしろ、以前よりもはるかに甘えてくるようになりました。

この子は、これまでの子と違って、あまり甘えたり、肩に乗りっぱなし、ということが無い子だったのですが・・・
たまごを産み終えた昨日から、肩や頭の上でくつろいで、離れようとしません。

IMG_0180 (2).jpg

まぁ、この先どうなるかは分かりませんけど(笑)

IMG_0112.jpg

あと、今までは水浴びはまったくしようとしなかったのが、昨日突然水浴びをし始めました。
産卵って、いろいろなことが変わるきっかけなのかもしれませんね。

オカメインコを飼いはじめて2年半になりますが、産卵期を迎えた子は初めてです。
なにぶん初めての経験で色々心配もしましたが、無事に乗り越えてくれて安心しました。

この子はもともと身体が強くて、体調を崩したこともなく、強い生命力を感じる子なのですが、これまでの子と比べるとあまり懐いてくれないのをちょっと寂しく感じていました。
それがよもや産卵きっかけでこんなにベッタリな子に変わってしまうとは!

これからのオカメライフがさらに楽しみになってきました。
posted by あきやん at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | オカメインコ