2015年06月22日

起業

satelliteclogo30003.JPG

ほんの数ヶ月前、自分のラボを立ち上げるなんてことは全く考えていませんでした。

今年3月、突然立ち上がった独立話。
もはや、そうせざるを得ない状況のなか、出来ること、すべきことを考え、とにかくポジティブに進めてきた結果・・・

いよいよ、今日、正式に自分のラボラトリーを立ち上げる事になりました。

3月、自分で起業しなきゃならない状況の中、物件を探している中での嫁の一言。

「借りるんじゃなくて、買っちゃうっていうのも可能性の一つなんじゃないの?」

・・・その3日後には、同じマンションの一室を購入する契約書にサインをしていました。


とにかく、この一連の流れには、通常の人知を超えた何かが働いているとしか思えないほどの、絶妙なタイミングで手に入れた最高の結果ばかりが転がり込んできている、という感じがしました。

まさか、直前に亡くなった嫁さんのお母さんの守護のおかげ、ってことではないんでしょうけど・・・


とにかくそれからは、毎週毎週開業準備のために奔走する毎日。
これほどまでに忙しく、これほどまでに充実した3ヶ月を送ったことは生まれてこの方ありませんでした。

そしていよいよむかえた今日、2015年6月22日。
自分の仕事場、ラボラトリーを開業することになりました。

しがない個人経営のラボではありますが・・・

名前を、「サテライテック」と言います。
当初、この名前を考えていた時には、「歯科医院を恒星とするなら、その仕事を請けるラボは惑星。そこから仕事を請けるとしたら衛星だな」と思ったことで、荒川河川敷をジョギングしている時に思いついた名前だったのですが・・・

実際この状況に置かれてみると、同じマンションの中に仕事場を抱えている、という意味で「サテライトハウス」を持っているとも言えるし、当初自分が思っていた以上に良いネーミングができたと思います。


自分が今まで勤めた仕事場の23年で、日曜日に仕事をしたというのは、ホントに両手に余るくらいだったと思うのですが・・・そして、ものすごくストレスを抱えながら仕事をしていたと思うのですが・・・

不思議なことに、土曜日夜遅くまで仕事をしていても、日曜日に仕事をしていても、少しもイヤな気持ちになりません。
こればっかりは、経験してみないとわからない感情かもしれませんね・・・


まぁ、ちょうどタイミングが重なってしまってどうしても参加することができなかった、高校の同窓会は残念でしたけど。

この先数週間は、新しい仕事場に体と感覚を慣らすことに精一杯になると思います。
きっと、想定していないトラブルに見舞われることもあるでしょう。

とにかくこの数ヶ月は、自分の人生の中でも最も重要な時期であることは間違いありません。

どんなに大変だろうが何とか切り抜けて、自分の人生を新たな軌道に乗せていけるように頑張っていきたいと思っています。
posted by あきやん at 02:21| Comment(6) | TrackBack(0) | お仕事

2013年09月28日

朝顔が満開!

DSC020570000.JPG

うちのラボの前に、7月ごろ社長がグリーンカーテンとしてゴーヤと、朝顔を植えました。

が、8月初旬に社長が入院してしまったため、後を引き継いで日曜、祝日以外は一応、水やりをしてはいたのですが・・・

ゴーヤは小さいながらも実をつけたものの、ラボの前の葉は枯れ、朝顔は一つも花を咲かせることはなかったなぁ・・・やっぱり休みなく毎日水やりをしないとダメだったんだろうか?
と思っていたところ。

9月半ばごろ、ふと上を見上げてみると、とてつもない数の朝顔のつぼみが!

仕事が手一杯で上を見上げる余裕など全くなかったので気がつきませんでしたが、枯れ葉だらけになった1階部分とはうって変わって、2階部分は葉が青々としており、今にも咲きそうなつぼみがこれでもかってくらいついていたのです。

そして、もうすぐ10月になろうかというこの時期に、まさに今が満開!(笑)

毎日、楽しませてもらっていますぴかぴか(新しい)


社長が肺を病んで入院してから、もうすぐ2ヶ月が経とうとしています。

最初の頃は、2週間くらいの入院ということだったので何とかなるだろうと思っていたのですが、一向に快方に向かう様子がなく、気がつけば2ヶ月・・・

今月半ばくらいまでは、外注に出している部分も含めての仕事の把握を絶対にミスすることが出来ないという精神的な重圧から、夜寝ている間も仕事の夢しか見なかったり、明け方虚ろな意識の中、仕事のシミュレーションを延々しつづけるような日々が続いてしまい、精神的にかなり参ってしまうような状態になっていたのですが・・・

最近になって、ようやくある程度の余裕を持って、置かれた状況に対処できるようになってきました。

少しは気持ちに余裕が出たからこそ、この朝顔を見られたのかもしれないですね。


今のところ、社長がいつ退院できるのか、いつ仕事に復帰できるのかはわかりません。

でも、帰ってくる場所を無くさないためにも、病気と闘う気持ちを持ち続けてもらうためにも、何とかラボの仕事を回し続けなきゃいけない!

と思う今日この頃なのでした。
posted by あきやん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事