2017年03月27日

Marantz NR1607 導入

DSC031600003.JPG
我が家のオーディオシステムには、致命的な欠点がありました。
オーディオシステムとして中心にあるAVセンターが、古い規格で作られたものであるため、システム全体を全く生かし切れていなかったのです。

具体的に言うと、今まで使っていたAVセンター、ONKYO TX-602では、今では当然あるべきHDMI入出力が無いので、D端子であるとか、光端子などを使って何とか使っている状態ではありました。
しかしながら、いかんせん配線が複雑になりすぎていて、しかも機器の数に対して配線できる端子が限られているため、使えなくなっている機器がいくつかありました。

そして、何よりスピーカーの性能を全く生かし切れていない、というのが最大の問題でした。

うちのオーディオシステムの最大の自慢は、メインスピーカーのB&W CM5です。
このスピーカーは、2009年にスピーカーの買い替えを検討していた時に、秋葉原のヨドバシカメラで試聴した音に惚れ込んで、心を躍らせて購入してきたものです。

しかしながら、自宅に持ち帰って接続し、音を鳴らしてみたところ・・・
それ以前に比べればはるかにいい音ではあったのですが、試聴させてもらったときの音とは音の輪郭であったり、キラキラした感じであったりが失われてしまっている感じがして、何とも複雑な、残念な気持ちになったものです。


当時から言われていたことですが、「B&Wを鳴らすならマランツ」
B&Wを世界的なスピーカーメーカーにのし上げたのは、マランツのおかげだと言われている、というのは、今回購入したお店のオーディオ担当の方の言葉です。
この方、元々はオンキョーに長く勤め、今はマランツ製品の販売を担当されているという方で、今回購入することになったのは、自分が知りたかったことがこの方によって良くわかったから、というところが非常に大きいですね。

マランツのアンプは、B&Wのスピーカーに合わせて音を調整されている、というのは知っていましたが、この日購入してきたNR1607は、CM5の上位機種、CM9に合わせて作られているんだそうです。

「CM9を鳴らすために作ったもので、CM5が鳴らないわけがない」とのこと。

ただし、その方が言うには、AVセンターにあまりお金をかけても、コストに対するパフォーマンスはさほど望めない、とのことでした。

当初、私はAVセンターを買い換えるなら、マランツのAV8802クラスのものを考えていました。

ただし、この機種の定価は455000円あせあせ(飛び散る汗)

そうはおいそれと出せる金額ではありませんたらーっ(汗)
それが今日まで買い換えることができなかった理由ではあったのですが・・・

その方が言うには、そのクラスの買い替えを考えているのであれば、このNR1607に、メインスピーカー専用にマランツのメインアンプ、PM8005をつないで使ったほうが絶対に良い、とのこと。

であれば、当面の課題であるAVセンターを最新規格に合わせるため、このNR1607を購入するのがベストなんじゃないか、と思い始めたところに・・・


他のお店に行っていた嫁さんが合流したところで事情を説明すると、

「これ、買って帰っちゃえばいいじゃない。今までの問題がほとんど解決するんでしょ?40万とかかかると思ってたものが、6万くらいで済むなら安いものじゃない!」

とのこと。
どうやら彼女にとっては、配線が地獄のように複雑になっているAVラックの後ろが片付くということに、何より価値を感じていたようなのですが(笑)

池袋のヤマダ電機に行って、このやり取りをしたのは先週、20日のことでした。
ともあれ、よもやその日に購入するとはこれっぽっちも思わなかったところが、思いもかけず自宅に持ち帰ることになりました。

しかしながら、その日は仕事も残っていて、とてもじゃないけどオーディオシステムに組み込む時間はない、ということで、ようやく今日接続することができたのでした。

DSC041700003.JPG

正直、システムを組みなおすのはものすごく大変でしたが、やっただけのことはありました。
ケーブル類は、以前に比べて半分以下になりました。
今までは、システムを組みなおすとか言ったら、やる前からげんなりするほど大変なことでしたが、現状ではシステムがものすごくシンプルになったので、組みなおすといっても以前ほど躊躇することはないでしょう。

そして、今まで配線の問題で使うことができなかった、SACD対応のCD、DVDプレイヤー、オンキョーのDV-SP504を使うことができるようになったのも嬉しいですね。

DSC041740003.JPG

そして、肝心な、その音ですが・・・
フロント2本を鳴らすには、ちょっと物足りない感じがします。
その代わり、サラウンドで鳴らしたときには、音に包まれる感じがハンパないです。

やっぱり、フロントスピーカーを最大限に生かすためには、専用のアンプを導入するしかないのかもしれないですね。

とはいえ、この日も仕事を含めてやるべきことが多くあり、ちゃんと検証できるほど聴くことができていないのが残念なところです。


来週は、ちょっと展開が読めないくらい忙しい感じです。
落ち着いて音を聴いてみる余裕ができるのは、一体いつのことになるやら・・・(苦笑)
posted by あきやん at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2016年01月17日

レグザサーバー D−M470 導入

先週の続き。

外付けのHDDを接続し、タイムシフト録画の設定をしていると・・・
タイムシフト録画を外付けHDDに割り振れるのは、2つのチャンネルだけだということが判明しました。

このレグザサーバーD−M470は、内蔵HDDが2TBしかなく、タイムシフト用に割り当てられる容量が1.75TBまでしかないため、外付けHDDに割り振れない4つのチャンネルは、この1.75TBに録画するしかありません。
そうすると、画質を中程度に抑えてようやく1週間録画できるくらいになります。
逆に、外付けHDDに割り振れる2つのチャンネルを同じ設定で3TBに録画すると、3週間以上録画しておけることになります。
2つのチャンネルだけそんなに長く保存しておけてもなぁ・・・


購入する時点では、タイムシフト録画は大部分を外付けHDDで行い、内蔵HDDの1TB分くらいで通常録画する形にしようと考えていたのですが、上のような事情により、内蔵HDDを最大限タイムシフトに割り振らなくてはならなくなったので、通常録画用にもう一つ、外付けHDDを購入する必要性が生じました。

そこで、その日のうちに通販で2TBのHDDを注文。
その2TBの外付けHDDをタイムシフト用に接続すれば、チャンネルごとのバランスも極端に悪くならず、通常録画に3TB割り振れるので、結果的にはかなり余裕のある環境が整うのではないかと。
単純にHDDの容量だけなら、当初考えていたDBR−M590の6TBよりも多くなります。


しかし!
とりあえず色々使ってみようと思い、タイムシフト録画された番組を、内蔵HDDに保存してみようとしたところ・・・保存作業はスタートしたものの、保存進行パーセンテージが0%のまま一向に進みません。
20分くらい待っていましたが、全く状況が変わらないので、とりあえず保存作業をストップ。
そうこうしているうちに注文していた外付けHDDが到着したので、セッティングしようとしたところ、「保存予約がある状況では、HDDの設定ができません」とのこと。

へ?「保存予約」って何?
見てみると、先ほどタイムシフト録画から保存しようとしていた番組のところに赤文字で「予」の文字が。
これがどうやっても消えません。

どうにもならないので、東芝のサポートセンターに電話すると、「保存予約は、キャンセルする方法がありません」とのこと。

どういうこっちゃあ・・・たらーっ(汗)

なが〜く、何の解決策もでてこない不毛な時間が過ぎ、結局のところ電源を落とし、完全に放電した後に初期化するしかない、という結論になりました。

そして、それを実行すると、たしかに「録画予約」は消えていて、外付けHDDの登録はできました。
これで、設定は完了。
あとは、しばらく使ってみよう、と思ったのですが・・・

次の日、タイムシフト録画の「過去番組表」を開いてみると、「録画された番組がありません」のメッセージがexclamation&question

調べてみると、外付けHDDを、認識していないようでした。
登録しなおしてみようとしても、認識していないのだからどうしようもないあせあせ(飛び散る汗)

再び、電源を落としてしばらく放置。
すると、外付けHDDを認識したので再び登録。

タイムシフト録画は始まったものの、なぜか内蔵HDDに割り振ったチャンネルが1つ全く録画されず、そのほかの番組も歯が欠けたようにポツリ、ポツリと録画されていないという状況に。
しばらくそのまま放置したところ、再び外付けHDDを認識しなくなりました。

再び、東芝のサポートセンターに電話したところ、これまた何の解決にもならない不毛な時間が過ぎ・・・
結局、購入した店に修理の持ち込みをすることになりました。


そして今日、購入した池袋のヤマダ電機に持ち込んだところ、新品と交換してくれました。

帰宅して、すでに慣れた接続、設定作業を終わらせ・・・今のところ、問題なく動いているようです。
このままちゃんと動いてくれると良いのですが。
なにせトラブル続きだったもので、ちゃんと動くイメージが持てないんですよね(苦笑)
posted by あきやん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2016年01月11日

レグザサーバー D−M470購入

DSC036080003.JPG

先週、2008年から使ってきたDVDレコーダー、東芝ヴァルディアRD−S601が壊れました。
電源を入れても、本体前面にエラーメッセージが表示され、何にも反応しない状態に・・・たらーっ(汗)

サービスセンターに問い合わせをしたところ、HDDの交換なら2万円くらい、基盤の交換なら4万円くらいかかる、ということだったので、あきらめて買い換えることにしました。

ちょっと前から嫁さんに、「タイムシフトマシンって、もっと長く保存しておくことってできないの?」と言われていたこともあって、比較的あっさりとあきらめられました(笑)


買い替えを決めたところで、第一候補に挙がったのは東芝 レグザサーバーDBR−M590
タイムシフト用チューナー6つと、通常録画用チューナー3つを搭載し、6TBのHDDを内蔵するという、まさに最強のHDDレコーダーです。

ただ・・・15万円以上しますあせあせ(飛び散る汗)

他に良いものはないものかと、ネットで色々調べてみると、この機種の一つ前のモデル、DBR−M490という機種があることを知り、これにしようかと半分決めかけていたのですが・・・
ユーザーレビューの中に、「ユーザーインターフェイスが重すぎて、使い勝手が悪すぎる」という声が多くて、今まで使っていた東芝製レコーダーのUIの、信じられない重さを耐えながら使ってきた身としては見過ごすことができず、この機種を購入することは断念しました。


そこで、とりあえず実機を見てみようと思って近所のコジマに行ってみると、DBR−M590以外のレコーダーの大きさの、小さいことに驚きました。
そして、安い!

レグザサーバー D−M470が47000円で売っていました。
この機種は、タイムシフトマシンに特化した、ブルーレイなどのドライブが搭載されていないタイプなのですが、録画した番組をブルーレイなどのメディアに残すということを全くしない自分としては、何の問題もありません。
ブルーレイの再生自体はPS3でできるし、トルネ、ナスネもあるので、通常録画のチューナーが1つしかないというところも全く問題なし。

ただ、この機種の発売時期は、「UIが重過ぎて使えない」というレビューの出ていた機種とほぼ同時期であるため、実機の操作感を確認してからじゃないと心配なので、今日池袋のヤマダ電機に行ってきました。

まずは店員さんをつかまえ、この機種の金額(店頭表示価格税別53800円+10%ポイント)がいくらになるのかを聞いてみたところ、「この金額でほぼ限界」との答え(苦笑)
そこで、「価格ドットコムでは税込みで43000円をきって売られているし、近所のコジマですら47000円で売っていた」と伝えると、「少々お待ち下さい、検討してきます」とのこと。

そして戻ってきて提示してきた金額が、税込みで46800円(ポイントなし)。
この金額なら、全く問題なしです。

ただし、池袋まで行った理由を確認しないことには購入を決めるわけにはいかないので、実機で操作感を確認してみたいとお願いしたところ、実機を接続してあって、操作してみることができるところに連れて行ってくれました。
実際に操作してみると、うちのテレビのレグザよりは若干操作感が遅く感じるものの、充分使えそうな感じではありました。

確認はとれた、ということで購入を決定。
手続きをしている時に、(金額を提示してくれたのと別の)店員さんが、「ポイントをつける形にしますと、48800円に10%のポイントがつくようにできますけど、いかがでしょうか?」と言ってきたので、「あ、それじゃあ、そのポイントをプラスして外付けHDDを買います」ということで、元々たまっていたポイントもプラスして、タダ同然で3TBの外付けHDDも購入してきました。


そして、帰宅して、接続、セットアップ。
これ自体は簡単だったのですが・・・意外な落とし穴が(確認不足とも言う)

その辺については、レビューも兼ねて後日書こうと思います。
posted by あきやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual