2018年04月22日

Amazon Echo 購入

DSC02726.JPG

1月のこと。
招待販売だった話題のスマートスピーカー、Amazon Echoの招待メールが届いたので、購入しました。

もともとは仕事場で、作業中でラジオを含むオーディオを操作するのが難しい時に、音声だけで操作ができるというのは魅力的だ、ということで購入を検討していたものだったのですが・・・

実際に使ってみると、自分の感覚としては、ラジオは時計代わりの存在であるにもかかわらず、Amazon Echoで再生されるradikoは、1分ほどリアルタイムより遅れるタイムラグがあり、その点が気になりました。

ただ、何となく音が欲しいとき、適当なキーワード、「静かな曲聴かせて」とか、「寝る前に聴く曲聴かせて」とか、「BGMかけて」とかで、Amazon Prime Musicで聴ける音楽(主にジャズ、クラシック)をかけてくれる、という点には魅力を感じ、仕事場ではなく、自宅の方のオーディオシステムに組み込むことにしました。
ちょうどオーディオシステムが出来上がったころで、より音質の差が出やすいクラシックや、ジャズの音楽を聴きたかった時期でもあったので、タイミング的にもちょうど良かったですね。

仕事場の方は、何とかタイムラグのないFMラジオで聴けるように、(思っていたよりもはるかにバカでかい)アンテナも設置したりしてみたのですが・・・
完全にノイズが消えた状態で聴くことは出来ず、やはりスマートスピーカーを導入するしかないのか、と思い、一般発売されたタイミングで、今度はより安価なAmazon Echo Dotを購入してみました。

Amazon Echoと、Amazon Echo Dotの違いは、スピーカーの音質しかありません。
その、音質が良いはずのAmazon Echoの方で音を鳴らしてみると・・・音質的にあまり良いものではありませんでした。
結局のところ、もともとあるオーディオシステムにBluetoothで飛ばして聞く、という方が、はるかに良い音で聴くことが出来ました。

そうなると、スピーカーの性能だけの違いである、Amazon Echoと、Amazon Echo Dotの間には、何の違いもない、ということになります。
値段からしてAmazon Echo(11980円)とAmazon Echo Dot(5980円)という違いがあるので、Bluetoothに対応した、より音質の良いスピーカーがある環境であれば、迷わずAmazon Echo Dotの方を選択するべきだと思います。

自宅の方に置いたAmazon Echoも、Bluetooth経由で、オーディオシステムで聴くことを前提にすれば、Dotの方で充分だった、ということにはなります。
が、それぞれの違いを実感するために、両方の機種を購入したことに意味があった、とは思いますね。

仕事場の方のAmazon Echo Dotも、もともとあったコンポに同じくBluetoothで飛ばして使っているので、両者の違いをほとんど感じることなく使っています。


仕事上、例えば電話がかかってきたときに、手が汚れていて操作をしにくい時でも、声で「アレクサ、音を消して」と一言いえば静かな中で電話に出られたり、ものすごく急いでいて手も視線も離せない仕事をしているときに、「アレクサ、今何時?」と確認することができたり、15分経ったら教えてほしい時に「アレクサ、15分経ったら教えて」とか、「アレクサ、午後5時になったら教えて」など、タイマーやアラームを簡単に設定することができます。
これらの、仕事上活かせる利点を考えれば、1分のタイムラグは、そういうものだと認めてしまえば慣れてしまうものです(苦笑)
唯一気になるのは、緊急地震速報のようなものをリアルタイムで聴くことが出来ない、ということですが・・・
まぁ、それは携帯電話から伝わってくるだろうと思うし、割り切って使っていこうと思います。

今日はどんな日なのか、とか、今日の天気はどうなのか、とかを、適当に聞くだけで教えてくれるというのは、思った以上に面白いです。

まだまだ開発途上だとは思いますが、より使いやすいアプリが出てきてくれるといいですね。


posted by あきやん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182203239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック