2018年01月10日

マランツ PM8005購入

DSC07179.JPG
プリメインアンプ、マランツ PM8005を購入しました。
これで、自分の趣味であるオーディオシステムが、自分が求める形としては完成しました。

システム構成は、
AVアンプとして マランツNR1607
パワーアンプとして マランツPM8005
メインスピーカーが Bowers&Wilkins CM5
センタースピーカー DENON SC−C33XG
サラウンドスピーカー DENON SC−A33XG 
ウーファー DENON DSG−55XG
DVD&SACDプレイヤー ONKYO SP−504(N)
マルチメディアプレイヤーとしてSONY PlayStation3&4

そしてテレビが東芝 REGZA 47ZG2
タイムシフトマシン&レコーダーが 東芝 レグザサーバー D−M470


およそ8年前
ヨドバシカメラの店頭で聴いたスピーカー、B&W CM5のキラキラとした音に魅せられ、購入してきたものの、自分のシステムにつなげたときに鳴った音には・・・ひたすら残念な気持ちばかりでした。

このスピーカーの実力は、こんなものではないのに・・・たらーっ(汗)

そして去年、AVアンプをマランツのものに買い替え、つなげて音を鳴らしてみると・・・
う〜ん、サラウンドスピーカーは良く鳴っているけれど、メインの2本の音が全然満足できませんでした。

オーディオコーナーの店員さんとも相談して、満足いく音を鳴らすにはフロント2本のために、ちゃんとしたパワーアンプを購入するしかないな、と思っていました。

そのために月々の小遣いを地道に貯めて、貯まったところでマランツのPM8000シリーズのどれかを購入できれば、と思っていたのですが・・・

他の用事でちょっと立ち寄った、ヨドバシカメラ秋葉原のオーディオコーナーで・・・
型落ちになったのと、正月セールということで、本来13万くらいするマランツのPM8005が68000円で売っていました。

これなら、現時点で貯めたお小遣いで買える・・・ぴかぴか(新しい)

新型のPM8006と聴き比べてみても音の違いは感じなかったし、店員さんも「音自体に違いはない」と言っていたので、心がグラグラ揺れました。
もともとアンプを購入するためにここに来たわけではなかったし、心の準備が全く無い中・・・購入することを決断しました。

別にこれまでのオーディオ関連をお小遣いで購入してきたわけではないのですが、自分自身の夢として、自分の理想のオーディオシステムを完成させるにあたっては、最後くらい自力感を出したかったというか(笑)

自分の予想としては、あと半年か1年くらい先に購入を検討するくらいかな〜、と思っていたのですが、このタイミングを逃して完全に製品が入れ替わってしまったらこの金額では買えないし、正直、ここで我慢して何の意味があるのかと思ってしまったので(笑)

DSC07185.JPG

うちに持ち帰り、システムにつないで音を鳴らしてみると、やはり店頭で聴いたような輪郭のはっきりした、キラキラとしたような音は残念ながら出ませんでした。
ただ、聞こえる音からギターやベースの弦や、ドラムや、シンバルを叩くスティックの姿が見えてきました。
耳を澄ませると、すべての楽器が鳴っているところがイメージできるくらいには、音の輪郭が見えるようになってきています。

正直、オーディオに興味を持ち始めたころには、これだけの音を鳴らせる環境を整えられるとは全く思っていませんでした。
そういう意味では、満足感はかなりなものがありますね。

うちの環境では、これ以上を望むことは出来ないと思います。
おそらくできることといえば、電源周りやコード類をより良いものに変えていくことくらいしかないでしょう。
まぁ、それは急ぐことなく、気が付いたときに替えていく、くらいでいいのではないかと思っています。
上を望めばキリがないですし、費用対効果を考えても、ここらがベターな所だろう、と思うので。

DSC07190.JPG
posted by あきやん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182091810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック