2018年01月01日

2018年

DSC04646.JPG

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年も、綺麗な初日の出を拝むことが出来ました。
本当に、この美しい光景が、良い年であることを示唆するものであることを望みます。


昨年は・・・とても良い年であったとは言えない、悲しい出来事の多い年でした。
10月に、オカメインコのぴぃがいなくなってしまい、新たに家族になってくれたオカメインコのちぃが、不慮の事故で12月20日に亡くなってしまいました。

本当に慕ってくれて、愛してくれた家族がいなくなってしまったという事実は、今まで経験したことのないくらいの衝撃的な出来事でした。

正直に言って、こんなに涙を流した年もありませんでした。

こんなにつらいなら、はじめからペットなんて飼わない方が良いんじゃないか、とも思うくらいでしたが・・・


やはり、オカメインコのいない生活には耐えられず、ペットショップに電話をしたところ、1羽だけルチノーのオカメインコのヒナがいる、と言われ、結局連れて帰ってきてしまいました。

DSC01433.JPG
これがまた・・・
うちに来たときからベッタリベタ慣れで、か弱い、甘えた声で鳴く子でした。
最初うちに来た時には100グラムくらいの体重があったのですが、まったくと言っていいほど食欲を示さない子で、ほんの数日のうちに10グラムも体重が減ってしまいました。
お腹が減ってもそれを主張することもなく、とにかく僕らと一緒にいることを最優先するような子で、それがものすごく危うい感じを感じさせました。

おそらく、この子がうちに迎えた最初の子だったとしたら、その異常性に気付かずにいたかもしれません。
ただ、前に迎えた2羽と、食欲の面であまりに違うことにはさすがに戸惑いました。

前の2羽は、お腹が減ったら、さし餌をもとめる「ジャー!ジャー!」という声を上げていたのですが、この子はそのようなことは全くしません。
いつお腹が減っているのか、のどが渇いているのか、まったくわからないのです。

そしてこの子は、もともと病気を抱えていたようで、常に鼻が詰まっているような、人間でいう蓄膿症のような症状を抱えています。
ひょっとすると、寄生虫病であるトリコモナス症ではないかと思い、動物病院にも行ってみましたが、その検査にはそのうから検体を採取しなくてはならない、ということで、身体にかかる負担を考え、のどの炎症を防ぐ薬を処方してもらい、今は経過を見ている最中です。

今のところ、この子を育て上げる自信を持てているとはいいがたい状態です。


ただ、この子が・・・
今までの子と同じか、それ以上にベッタリで、ビジュアル的にも美しい子なのです。
身体全体が白く、すべての羽が生えそろい、言ってみれば、完全体のルチノーのオカメインコを初めて見ました。
ただ、鼻が詰まっているせいか、およそオカメインコとは思えないようなか細い声で鳴きます。
行動性も、前までの子とは比較にならないくらいおとなしく、間違えようもなく、この子はメスだと断言できるほどです。

この子を引き取って1週間ちょっと経ちますが、今ちょっと悩んでいます。
動物病院でもらってきた薬がなくなってきたころではあるものの、効果が表れているとは言い難く、不安な気持ちが拭えません。

鳥専門の病院に、連れて行った方がいいのではないか・・・
そんな気がしています。

とにかくこの子をちゃんと育て上げなくてはならない、という気持ちが強く、また、それを成し遂げないといけないと思うので、少々親バカ的だとは思いながらも、出来ることは何でもしてあげたいという気持ちでいます。


この子の名前は、「みぃ」といいます。
今のところ、命名はすべて嫁によるものです。

この子が、ちゃんと育ってくれるかどうか、それが、今年が良い年であるかどうかの最優先事項であるように感じています。

お願いだから、今度こそ、ず〜っと一緒にいてほしい・・・
ホントに、お願いだから、長生きしてね、みぃちゃん。
DSC01507.JPG

posted by あきやん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182008226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック