2016年11月14日

メロキュア メロディック・ハード・ツアー

DSCN22220001.JPG

今日は、メロキュアの「メロディック・ハード・ツアー クレッセントガーデン」に参加してきました。

メロキュア、と言ってすぐにわかる人はほとんどいないとは思いますが、無理もありません。

2002年にシンガーソングライターふたり、岡崎律子と日向めぐみにより結成されたのですが、2004年5月に岡崎律子さんが病気により急逝してしまったために、残念ながら活動が止まってしまったというツインヴォーカルユニットでした。

当然ながら、ライブに参加することなんて、絶対にありえないことと思っていたのですが・・・


なんと昨年、メロキュア結成13年目にして初のワンマンライブを行う、という情報を得て、ぜひ参加したいと思ったのですが、気づいたときにはすでにチケットはソールドアウト。
参加することは出来ませんでした。

そして今年、会場を去年よりも広い品川ステラホールで行うと聞き、チケットをゲット!
絶対に見ることはないと思っていた、メロキュアのステージを観ることができたのでした。


当然ながら岡崎律子さんはステージにはおらず、律子さんパートは録音された歌声ではありましたが、歌うパートをいじったり、口笛を使ったりして、寂しさを感じさせない素晴らしいステージでした。

リアルタイムで聞いていた人たちがそのまんま14年経っているので、観客の年齢層は当然高めではありましたが(笑)、会場の人すべてが、演奏しているすべての曲を知っているのが伝わってくる、見事な一体感、見事な盛り上がりでした!

特に「ホーム&アウェイ」は、たった2回目のライブとは思えない、今まで何十回とくりかえしてきたかのような見事な会場からのコーラス!
この曲は、律子さんが亡くなって1年以上経ってからリリースされた曲で、喪失感を埋めるかのように繰り返し聴き続けた曲でもあったので、おそらく会場みんなが思い入れを持っている曲だったんだろうと思います。
さすがに、その一体感に、身体に震えがきました。

本当に、会場が一体となった素晴らしいステージでした。


メロキュアが再び活動を始めたのは、メロキュアのファンであったクラムボンのベーシスト、ミトさんと、メロキュアのメンバー、日向めぐみ(meg rock)さんとが出会ったことがきっかけだったそうです。
そこらへんのいきさつはこちらに書かれています。

こんな、望みようもなかったことを実現してくれた偶然の出会いに、感謝せずにはいられません。

律子さんが残した音楽を、愛する人たちが今に残し続けている、ということがとても尊いことだと思います。
聞き手としても、それを支えていけたらいいな、と思っています。
これからも、ライブが行われるのであれば、可能な限り参加したいですね。

DSCN22190001.JPG
posted by あきやん at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Music
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177655218
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック