2016年01月11日

レグザサーバー D−M470購入

DSC036080003.JPG

先週、2008年から使ってきたDVDレコーダー、東芝ヴァルディアRD−S601が壊れました。
電源を入れても、本体前面にエラーメッセージが表示され、何にも反応しない状態に・・・たらーっ(汗)

サービスセンターに問い合わせをしたところ、HDDの交換なら2万円くらい、基盤の交換なら4万円くらいかかる、ということだったので、あきらめて買い換えることにしました。

ちょっと前から嫁さんに、「タイムシフトマシンって、もっと長く保存しておくことってできないの?」と言われていたこともあって、比較的あっさりとあきらめられました(笑)


買い替えを決めたところで、第一候補に挙がったのは東芝 レグザサーバーDBR−M590
タイムシフト用チューナー6つと、通常録画用チューナー3つを搭載し、6TBのHDDを内蔵するという、まさに最強のHDDレコーダーです。

ただ・・・15万円以上しますあせあせ(飛び散る汗)

他に良いものはないものかと、ネットで色々調べてみると、この機種の一つ前のモデル、DBR−M490という機種があることを知り、これにしようかと半分決めかけていたのですが・・・
ユーザーレビューの中に、「ユーザーインターフェイスが重すぎて、使い勝手が悪すぎる」という声が多くて、今まで使っていた東芝製レコーダーのUIの、信じられない重さを耐えながら使ってきた身としては見過ごすことができず、この機種を購入することは断念しました。


そこで、とりあえず実機を見てみようと思って近所のコジマに行ってみると、DBR−M590以外のレコーダーの大きさの、小さいことに驚きました。
そして、安い!

レグザサーバー D−M470が47000円で売っていました。
この機種は、タイムシフトマシンに特化した、ブルーレイなどのドライブが搭載されていないタイプなのですが、録画した番組をブルーレイなどのメディアに残すということを全くしない自分としては、何の問題もありません。
ブルーレイの再生自体はPS3でできるし、トルネ、ナスネもあるので、通常録画のチューナーが1つしかないというところも全く問題なし。

ただ、この機種の発売時期は、「UIが重過ぎて使えない」というレビューの出ていた機種とほぼ同時期であるため、実機の操作感を確認してからじゃないと心配なので、今日池袋のヤマダ電機に行ってきました。

まずは店員さんをつかまえ、この機種の金額(店頭表示価格税別53800円+10%ポイント)がいくらになるのかを聞いてみたところ、「この金額でほぼ限界」との答え(苦笑)
そこで、「価格ドットコムでは税込みで43000円をきって売られているし、近所のコジマですら47000円で売っていた」と伝えると、「少々お待ち下さい、検討してきます」とのこと。

そして戻ってきて提示してきた金額が、税込みで46800円(ポイントなし)。
この金額なら、全く問題なしです。

ただし、池袋まで行った理由を確認しないことには購入を決めるわけにはいかないので、実機で操作感を確認してみたいとお願いしたところ、実機を接続してあって、操作してみることができるところに連れて行ってくれました。
実際に操作してみると、うちのテレビのレグザよりは若干操作感が遅く感じるものの、充分使えそうな感じではありました。

確認はとれた、ということで購入を決定。
手続きをしている時に、(金額を提示してくれたのと別の)店員さんが、「ポイントをつける形にしますと、48800円に10%のポイントがつくようにできますけど、いかがでしょうか?」と言ってきたので、「あ、それじゃあ、そのポイントをプラスして外付けHDDを買います」ということで、元々たまっていたポイントもプラスして、タダ同然で3TBの外付けHDDも購入してきました。


そして、帰宅して、接続、セットアップ。
これ自体は簡単だったのですが・・・意外な落とし穴が(確認不足とも言う)

その辺については、レビューも兼ねて後日書こうと思います。
posted by あきやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171675650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック