2019年06月13日

リフォーム終了 その2

IMG_04670001.JPG

前回の続きです。

エコカラットのところで書き忘れたことをひとつ。
エコカラットの途切れる両サイドには、専用の見切り板がつけてあります。
これは、今のLIXILのパンフレットには載っていないモデル。
嫁さんがネット通販で見つけたゴールド色のもので、メーカーのパンフレットに載っていないだけに業者さんが発注することができないというらしく、こちらで準備しておくことになったものです。

楽天経由で購入したのですが、もともと業者向けの商品であるだけに配送方法が複雑になっていて、「4トントラックで配達するのでお宅まで配達することは出来ません。路上でのお渡しとなります」という話でした。

なんじゃそりゃあ・・・とは思ったものの、最終的には普通の配送業者に委託したのか、自宅まで届けてくれました。
この受け取りをどうするかでいろいろと考えさせられ、うちの近くで4トントラックを駐車でき、路上で引き取りができる場所はどこなのか、とか色々とシミュレーションしたりしていたのはいったい何だったのか(苦笑)

そんなこともありながら、これを取り付けたことによって高級感がさらに増したのは間違いありません。


そして、寝室。
ここには、嫁さんがユーチューブのヒカキンTVを見ていて「これ、いい!」と思ったという、パナソニックのシャンデリアを購入し、設置しました。
定価としては27万円ということで、さすがに手が出ないだろう・・・と思いながらも、ネット通販で半額以下で販売されているのを見て、差額による錯覚に惑わされ(笑)購入。

設置は自分でやることになるのですが、これが・・・大変なのです。
部品として100個以上あるクリスタルガラスでできたパーツを、ひとつひとつ設置していくという苦行を行う必要があります。
首が痛いのなんのって・・・(苦笑)

IMG_04740001.JPG

このシャンデリアは、LEDで、暖色系、白色系、それらを混ぜて調光できるというもので、これが満足のいくものであれば、リビングの照明もこれに変えてしまおうか、という話もありました。
しかしながら、調光を限界まで暗くしてもさほど暗くならないということがわかると、リビングの照明の候補からは外れていきました。
とはいえ、このシャンデリア自体の高級感はかなりなもので、微妙な空気の流れで揺れるクリスタルガラスによって、絶妙なあかりの揺らぎがおこり、空間の高級感を演出してくれます。


ベッドは、結婚当初から使用しているベッドのフレームから、大幅なグレードアップをしました。
今までのベッドのフレームは、新婚時(23年前)に購入した安いものでしたが、今回は大塚家具で厳選した、全くレベルの違うものになりました。

IMG_04730001.JPG

まぁ、ベッドのマットは10年以上前にキングスダウンのものに買い替えてはいたので、フレームが変わったことで寝心地が変わるというわけではないのですけどね(笑)
ベッドサイドと、ベッドヘッドに間接照明が入る、オシャレなものです。

IMG_04720001.JPG

ただ、これがひとつ、ベッドヘッドの照明に不具合があり、パネルごと交換ということに・・・
嫁さんの方のベッドのスイッチに不具合があって、交換しますということになったのですが、このモデルが結構人気らしくすぐには入荷できないということで、7月半ば以降に交換ということになりそうです。

まぁ、日常このライトをつけることはほぼ無いと思うので、少々待たされても全く問題ないですけど(笑)

そして寝室でかなり存在感を発揮しているのが、ホテルライクインテリアのリネンです。
今回のリフォームにおける嫁さんのコンセプトが、「高級ホテルのような部屋にする」ということだったので、必然的にこういうものを選ぶことになるのでしょうが・・・

一般家庭でこういうものを選ぶって、ちょっと考えられないですよね(笑)

それでもやっぱり、実際にセッティングしてみると、見事にはまってしまうから不思議です。

嫁の選ぶものを、おいそれと否定できないのがこういうところだったりします(苦笑)

DSC089870003.JPG


以前に記した、パソコンデスク用のチェアーについてです。
サンワサプライの対応は、なかなかのものでした。
最初、レバーが破損していた時には、連絡したその日に代わりの品を配送手続きし、次の日には配達されました。
送られてきたものを組み上げてみると、座面の昇降がうまくいかない欠陥品(苦笑)
それについて連絡すると、その日のうちに代替品の発送手続きをし、翌日に届きました。
ゴールデンウィーク中のことでもあり、解決はGW明けになるかと思いきや、対応の速さには驚きましたね。

そして、送られてきたパーツを組み込んで完成させると、問題なく座面の昇降もでき、座り心地も悪くない、納得のいくチェアーが出来上がりました。

DSC090590001.JPG

印象としては、このチェアーは気持ち座る深さが浅く、深く座ってリラックスというよりはしっかりと仕事をする方向の味付けという感じがしました。
ロッキングの感じも良いし、座面の高さもちょうど良い、思っていた以上のものでした。

2度も不良品が送られてきたり、その他塗装やパーツの適合など細かい部分での作りの雑さは感じないでもないですが、まぁそう高価なものではないので(苦笑)
組みあがった見栄えは悪くないし、コスパとしては良かったんじゃないかと思います。


今週になって、さらにクリスタルライト、クリスタル・ベクルクスを購入してきました。
これは前回購入したクリスタル・アクルクスの、カットが違うモデル。

DSC04411 (1)0001.JPG

クリスタル・アクルクスがあまりに良かったので、寝室用にもうワンセット購入しようか、とお店に行ったのですが・・・もうワンセット購入するなら、タイプの違うものにした方が良いのではないかと、さんざん悩んで決めました。

実際、購入してきて設置してみると、思った以上に印象の違うものでした。
側面のカットが前のものよりも細かく、光量が多いので、リビングのダウンライトをかなり暗くしていてもオシャレに空間を照らします。

カットが違うだけで、これだけ空間に与える印象が変わるのか、と驚かされました。
使うクリスタルをちょくちょく変えたり、置き方を変えたリすることで、飽きが来ないという意味でも違うタイプのものを購入したのは正解だったと思いますね。

DSC044120001.JPG


今回のリフォーム、非常に満足のいくものでした。
思った以上に素晴らしい出来になったし、いろいろなことに気づかされました。

何に一番驚いたかというと、壁が変わっただけでこれだけ印象が変わるものなのか、ということ。
別に、ものすごく高価な素材を使ったというわけでもないのに、選びようによってこれだけの高級感を出すことができるのだ、ということに驚きました。

そして、高級感は光によってさらに高められるということ。
今までは光でアクセントを付けられるのは調光できるダウンライトだけでしたが、クリスタルライトだったり、寝室のシャンデリアなどによって空間を全く別のものにしてしまえるということがわかりました。


結論としては、重要なのはコンセプトと実行力、という事だと思います。

自分としては、センス的な部分ではそこそこだと思ってはいるのですが、コンセプトの部分では、嫁さんに全く及ばないと思い知らされました。

ひとつひとつのパーツとしては自分が選んだものは少なくありませんが、それは骨組みとなるコンセプトがあってこそ。
自分には、こういうコンセプトならこうした方が合うだろう、という選択はできても、そもそもそのコンセプトを考えることはできないし、実行力も持ち合わせていません。


そして、今回嫁さんが一番こだわったところは、壁紙を横張りにすること。
壁紙は通常、ロールを縦に張って並べていくものなのですが、これを横に向かって張っていってほしい、ということでした。
選んだ壁紙がすべて縦線の入ったタイプで、それを横張りにすることで空間全部を横のラインで統一してほしい、とお願いしたのです。

一応自分も技術屋なので、「技術的に難しくすることで、工期に収まらなかったら困るなぁ」などと考えてしまったのですが(苦笑)、作業に入ってくれた職人さんが技術のある方で全く問題なく仕上げてくれました。
多少不安があったとしても自身のコンセプトを押し切れるというのは、自分の中で確固たるものがあるからなのでしょう。

実際の仕上がりを見ても、上から照らされる明かりは、凹凸が横向きになっていてこそ陰影が複雑になり、より高級感が増していることは明らかです。

まぁ、いつもながら大したもんだな、というのが実感ですね。

DSC04396 (1)0003.JPG

それにしても・・・
これからの人生、これだけの空間に身を置くことができると思うだけですごいことだと思います。
こんな部屋に住むことになるなんて、若い頃には考えもしませんでした(笑)


今回、このタイミングで、リフォームをするという決断ができたことを本当に良かったと思います。

今までのところ、そういう重要な判断を、適切なタイミングでできているのは幸いなことです。
これからも、こういった幸運に恵まれることを祈りたいものですね・・・
posted by あきやん at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2019年06月02日

リフォーム終了

DSC04389 (1)0002.JPG

先週末で、仕事場に移していた家具などを自宅に戻し、リフォームがすべて終了しました。
あらためて、令和記念スペシャルゴールデンウィークであったこと、自営で同じ建物の中に仕事場があり、一時的にそちらに家具などを移しておくことができ、作業員さんに呼ばれればすぐに駆け付けることができる環境にあったことなど、色々な幸運が重なったことでできたリフォームだったな、と思わざるを得ませんでした。

このタイミングでなければ、これだけのリフォームは難しかったと思います。

リフォームの内容は、
・リビング、キッチン、玄関、廊下、トイレ、洗面所、寝室の一面だけの壁紙を張り替え
 (寝室の壁紙を全面張り替えとなると、工期期間中生活できなくなるため)
・リビングのテレビ台の後ろにエコカラットを貼り付け
・リビング、キッチン、寝室、トイレ、洋室にタイルカーペットを敷く
 (リビング、キッチンは業者にお願いし、寝室、洋室とトイレは自分達で)
・キッチン、風呂の水道栓を交換
・寝室にシャンデリアを設置
・エアコンを3台すべて交換
・ベッド(シングルサイズ2つ)を買い替え
・リネンを総とっかえ
・パソコンデスク用のチェアーを買い替え

まぁ、リフォームのうちに入るかわからないものも含めて、こういった感じです。

IMG_04020001.JPG

手順としては、

水道栓の交換→寝室のシャンデリア設置→寝室のタイルカーペット→家具、A&Vの移動、処分→パソコンデスク用チェアーの搬入、組み立て→寝室、リビングのエアコン取り外し→リフォーム業者が入って壁紙の張り替え、エコカラットの設置、リビング、キッチンのタイルカーペット張替(リフォーム業者作業終了、工期4日間)→トイレ、洋室のタイルカーペット→家具の一部、A&Vを戻す→エアコン3台の設置→ベッド搬入→仕事場に移動してあった家具を戻す

おおまかに言うとこんな感じでした。

DSC089480001.JPG

DSC089510001.JPG

エアコンを2台先に外してもらったのは、当然ながら壁紙の境が出てしまわないようにする必要があったからで、これは大正解でした。
新しく購入したエアコンが、以前のものに比べて奥行きが長く、元のところに設置をしようとするとダウンライトの真下に本体が来てしまうため、位置自体をずらして設置する必要があったのです。
もしも外さずにリフォームを進めていたら、ものすごくカッコ悪いことになるところでした。
料金自体は余計にかかりましたが、これをケチっていたらものすごく残念な結果になっていたでしょう。

DSC043590001.JPG

最終的には、とても満足のいくリフォームとなりました。

DSC04386 (1)0001.JPG

2人して何か月もかけてショールームに通い、熟考検討してきたのである程度の自信はありながら、実際に形になったときにどう見えるのか、というのに多少の不安はありました。
幸運なことに、全てが思い通りか、それ以上の出来栄えだと思います。

面白かったのが、キッチンの壁紙が、うちの冷蔵庫と色の系統が似ていて、冷蔵庫がオシャレに見えたことですね(笑)
そこまで計算して選んだわけではなかったのですが。
DSC088550001.JPG


このマンションは、購入した14年前、新築リフォームをしていました。
自分には、新築の家をぶっ壊すという発想自体が無かったので、すべては嫁さんの発想、行動力のたまものです。

玄関を広くするため、洋室のスペースを削り、広くした玄関にダウンライトを設置し、ちょっとした飾りを置くためのニッチを設置、ここにもダウンライトを設置してあります。
そして、廊下の天井を高く。
元々は2つの部屋だったものを一つにして寝室を広くし、リビングの中央に飾り棚を設置。
リビングに8つの、調光できるダウンライトを設置。

これらだけでも、見栄えも住み心地も格段に良くなっていたと思っていたのですが・・・

今回のリフォームによって、新築リフォーム時のコンセプトが完成したような、そんな気がしました。
あの当時は、ここまでするようなセンスは磨かれていなかったな、と改めて思います。

今となっては、マンションの規約で壁を壊すような工事はしてはいけないことになっているので、あの時点で部屋の構成を変えていなければ、今と比べてどれだけ生活の質が低かったことか。
あらためて、嫁さんの尋常でない発想力には敬服するしかありません(苦笑)

DSC028740001.JPG
この写真は、今回のリフォーム前。
壁紙は、普通の白い壁紙です。
充分綺麗な状態だし、設計士さんにも「こんないい状態の壁紙を替えるなんて、正直疑問だしあまりお勧めしない」と言われるくらいで、自分自身もそう思わないでもなかったのですが(笑)

IMG_04710001.JPG

実際に張り替えてみると、少し光沢があり、いくつかの色が混ぜられている上に立体感があるため、光の加減によって複雑な色合いになります。(写真ではわかりづらいかもしれません)


そして、今回のリフォームの肝になるところが2か所。
まずはテレビ台の後ろに設置するLIXILのエコカラット。

これの選択が部屋の雰囲気の大部分を決めてしまうため、新宿のLIXILショールームに2回行きました。
候補はいくつかありましたが、最終的に決定したのは、エコカラットプラス ネオトラバーチンのベージュ

DSC089150001.JPG

そして、2回行ったからこそ気がついたのが、エコカラット専用の一枚棚。
これに気がついたのは大きかったですね。
この上に、クリスタルアクルクスという光源を置くことで、空間に高級感を持たせることができました。

IMG_04510001.JPG

この棚は本来、石膏ボードの壁にそのまま設置することは出来ない仕様になっていて、やるとすれば壁の裏側に木材を裏打ちして、7センチのネジを打ち込むことで強度を確保することになっています。

しかしながら、今回のリフォームでは壁を壊すことは考えていないので、壁の中にある木の柱に1か所だけネジを打ち込み、他のネジは石膏ボードにネジを打ち込む際の補強材を使って設置することにしました。
強度的には本来の仕様通りにはなりませんが、これはあくまで飾りということで、重いものは絶対に乗せないという了解のもとで無理を言って設置してもらいました。


そしてもう一か所が、玄関です。
ここが、最初にリフォームしておいたところが最大限生きることになった部分と言えます。
玄関を広げ、アーチを作り、ダウンライトを設置。
飾りのニッチと、そこにもダウンライト。

DSC088980001.JPG

ここの部分の壁紙は、他の部分に比べると値段にして4倍以上する、職人さんが「ここだけにしてくれて良かった、これを張るときは手が震えた」というシロモノ。

布状の質感で、すごい高級感。
布だけに汚れやすいという特徴があるため、これを使うかは結構悩んだのですが、やはりここはうちの顔と言ってもいい部分でもあるので、妥協なく攻めていこうと思い切りました。

ニッチの部分は、同じ素材でも少し濃い色に。

DSC043980001.JPG

ダウンライトがついている部分は、このような毛羽立った素材だと影ができてしまうということで、わざわざこの部分だけ天井と同じ壁紙を張ってくれました。
このようなことは素人にはわからない部分なので、プロの視点で提案してくれたことは非常にありがたかったです。

玄関の部分が完成したところを見た時、

「ここの部分は、本来こうあるべきだったとしか思えない」

という思いがこみ上げてきました。
14年越しに、ようやく完成した、そんな感じがしました。
正直、感動しました。

リフォーム後、無駄にダウンライトをつけたり、壁に触ったりして、一番悦に入っていたのはここの部分でした。

リビングのエコカラットと、玄関。
2つの肝になる部分がバッチリハマったことにより、今回のリフォームの成功はほぼ確約されました。


あまりに長くなったので、続きはまた今度にします。
posted by あきやん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記