2018年12月30日

産卵期

IMG_0035(Edited).jpg

今月に入ってから、我が家のオカメインコ、りんの様子がおかしくなってきました。

やたらと鳴きながら飛びまわったり、かご状のものに入り込んで出てこなかったり、ティッシュペーパーをつつきまくったりし始めたのです。

最初のうちはそんなこともあるか、と思っていたのですが、ある日、冠羽をペタッと頭につけて、頭を下げておしりを持ち上げ、そのまま動こうとしない、ということがあり、これはひょっとしたら・・・と気がつきました。

りんはちょうど1歳。
たまごを産みはじめても不思議じゃないお年頃です。

そのうち仕事用のかごの中に陣取り、手を伸ばすと羽を広げて威嚇し、全力で噛みついてくるようになりました。
それまでは甘噛みすることはあっても、痛いほどの噛みかたはしない子だったのですが・・・

IMG_0148.jpg

これはもう間違いない、産卵期にはいったな、と。
そうこうするうち、自宅の移動用かごの中から出てこなくなってきたので、かごの中に木くずを入れて、フードをかぶせて光が入らないようにしました。

IMG_0165.jpg

すると、かごの中から全く出てこなくなり、うんちもしなくなりました。
産卵期のオカメは、寝床をを汚さないように、かごの中では排便しなくなるそうで、無理やりかごの外に出してあげると、思い出したように、見たこともないほどおっきなうんち(笑)
水を飲んでいる様子が無かったので水を差し出すと、これまた思い出したようにゴクゴク飲んで、パッとかごの中に入っていきました。

自分から外に出ようとは全くしないので、1日3回外に出し、排便と水分補給をさせること数日。

12月25日、最初のたまごを産みました。

IMG_0162.jpg

あまりたまごを産みすぎるとオカメの体に良くないということだったので、偽卵を一つずつ追加していき・・・最終的には、1日おきに合計3つのたまごを産みました。

自分が産んだ以上のたまごがあることに、ちょっと不思議そうなそぶりを見せてはいましたが(笑)、まんまとだまされて5つのたまごを温める姿が、何ともけなげでかわいかったですね〜


3つめのたまごを産んだあと、あ、これで打ち止めだな、ということがはっきりとわかりました。
それまでは、自分からはかごから絶対に出なかったのが、自分から出てくるようになったのです。
そのうえ、攻撃的で近寄りがたい状態だったのが、「ピヨッ」と可愛い声で鳴きながら、肩や頭に乗ってくるようになりました。

そこで、たまごを取り出して、かごを通常モードに戻すと、完全にもとどおり。
むしろ、以前よりもはるかに甘えてくるようになりました。

この子は、これまでの子と違って、あまり甘えたり、肩に乗りっぱなし、ということが無い子だったのですが・・・
たまごを産み終えた昨日から、肩や頭の上でくつろいで、離れようとしません。

IMG_0180 (2).jpg

まぁ、この先どうなるかは分かりませんけど(笑)

IMG_0112.jpg

あと、今までは水浴びはまったくしようとしなかったのが、昨日突然水浴びをし始めました。
産卵って、いろいろなことが変わるきっかけなのかもしれませんね。

オカメインコを飼いはじめて2年半になりますが、産卵期を迎えた子は初めてです。
なにぶん初めての経験で色々心配もしましたが、無事に乗り越えてくれて安心しました。

この子はもともと身体が強くて、体調を崩したこともなく、強い生命力を感じる子なのですが、これまでの子と比べるとあまり懐いてくれないのをちょっと寂しく感じていました。
それがよもや産卵きっかけでこんなにベッタリな子に変わってしまうとは!

これからのオカメライフがさらに楽しみになってきました。
posted by あきやん at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | オカメインコ