2016年06月06日

磁器婚式の日の出来事

6月1日は、僕ら夫婦が結婚してから20年の記念日でした。
結婚20年の記念日は、磁器婚式、陶器婚式だそうですが、この日に特別な予定は何もありませんでした。

が、いつも通りの仕事中、特別な1本の電話がかかってきました。

「依頼されていた、白いオカメちゃんが入ったので、いつでも引取りに来て下さいね〜」

それは、ひと月以上前、ルチノーのオカメインコをお願いしていたペットショップからの電話でした。

4月末ごろ、オカメインコを飼おうということになって複数のペットショップを回ったのですが、希望していたルチノー(ほっぺがオレンジで、体が白い種類)のオカメインコは入荷がいつになるかがわからない、ということで・・・
とあるペットショップでは「今(4月末)、昨年の秋に注文いただいたお客さんに提供させてもらっているんですよ」ということだったので、はたしていつになるものか・・・と思っていたのでした。

それがなんと、よりによってこんな日に連絡があるなんて!

せっかくこんな運命的なタイミングで連絡があったんだから、なんとしても今日中に、せめて会いに行かなくては!と思い、何とか時間の都合をつけて、仕事を抜けてペットショップへGO!

DSCN16820003.JPG

ルチノーが、2羽入荷されていました。
店長にお勧めされて、右側の体が大きな方をいただく事になりました。

DSCN16800003.JPG

この子が産まれた日は5月2日で、2羽とも産まれた時期としてはそれほど違いはないはずですが、体の大きさも、羽の生えかたも全然違いますね〜
普通、この時期のヒナの体重は70〜80グラムだそうなのですが、95グラムありました(笑)
オカメインコを育てるのは(自分はペットを飼うこと自体)初めてなので、できるだけ体が丈夫であってほしいという気持ちがあったので、ちょっと安心できました。

とりあえずこの日は自転車で、何とかペットショップの閉店間際に間に合った状態だったので、引き取りに来るのは週末くらいに、ということで帰宅したのですが・・・


次の日、嫁さんがペットショップへ行き、自宅へ連れて帰ってきてしまいました。
心待ちにしていたのは自分だけではないらしく(笑)

「なつかなかったらどうしよう・・・」とか思っていましたが、そんな心配は全く必要ありませんでした。
ものすごく甘えんぼで、人の手に乗っている時が一番リラックスしているようで、降りたがらないくらいです。

DSC01421 (1)0003.JPG

名前は、「ピカリちゃん」にしました。
自分が、「ちゃんとした名前があって、いつも呼ぶのは愛称だったりするのもいいよね」と言ったのを受けて、嫁さんがひらめいた名前です。
「ピカリちゃん」で、愛称は「ピーちゃん」。

磁器婚式は、家庭を築いて20年にして初めて、家族が増えた記念すべき日になりました。

DSC01433 (1)0003.JPG
posted by あきやん at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常日記