2015年02月15日

四十九日と命日と誕生日

2月11日は、お義母さんの四十九日の法要のため、嫁さんの実家に行ってきました。
お義父さんも、少し元気がでてきたようでひと安心、といったところです。


例年この日は、高校時代の友人の命日ということでお墓参りに行っていたのですが、今年はこういう事情なので、いつも一緒に行く友人たちと、7日に会って飲んできました。
土曜日だと、仕事があるので時間的にお墓まで行く時間がなくてたらーっ(汗)

あれからもう25年。
節目の年にお墓参りに行けずに残念だったけど、来年は会いに行くよ。


そして、この日は自分の父の誕生日でもあります。
お祝いの電話をすると、お墓を決めてきた、との話がありました。

お義母さんのことがあったので、自分たちもどうしようかという話を聞いていながら、さすがに「縁起でもない」とは言えなくなってきたとはいえ、もう決めてくるとは!あせあせ(飛び散る汗)

ここにしようと思っている、という話はその前の週に聞いていて、嫁さんがそれじゃあ見に行ってみようと見学を予約。
それが今日、15日。

その電話の中で、父が、「長男も次男も子供がいないし、ゆくゆくは皆で入るっていうのもいいんじゃないか」と言うので、その話を嫁さんにすると、即答で「それじゃあ、あっちに行っても賑やかで楽しそうだね」と言ってくれました。

正直、すごく嬉しかったです。
世の中、嫁姑だったり家族の中が悪かったりで悩んでいる人の多いであろう中、うちの方も嫁さんの方も、家族みんな仲良くできているというのは本当にありがたいことだと思いますね。

と、いうことで、今日はいつか自分も入ることになるお墓を見に行く、という、当初の予定と大幅に異なった理由で見学してきました。

両親が、住職さんがすごく腰が低くて感じのいい人で、それがそこに決めた大きな理由だ、と言っていたのですが、ちょっと会っただけでもわかる気がしました。


それにしても、この歳にしてお墓の心配がなくなるとは・・・全く想像もしていなかったなぁたらーっ(汗)
posted by あきやん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記