2017年11月05日

ぴぃがいなくなった

DSC04203.JPG
10月26日、我が家の家族、オカメインコのぴぃがいなくなってしまいました。

フライトスーツを着せて外出中、劣化していたマジックテープがはがれ、リードが外れてしまったのです。

いつもいつも、一緒にいたがって、少しでも僕らの姿が見えないと不安がって呼び鳴きしていた子が・・・
よもや自分たちから離れて行ってしまうとは、思ってもいませんでした。

フライトスーツ、着るの嫌がっていたからなぁ・・・
それで少し、イラついていたのかもしれません。

それとも、あの子は人が困ることをする、イタズラ気質が旺盛な子だったから、ちょっとした悪ふざけのつもりだったのかもしれないなぁ・・・
それが別れになるなんて想像もせずに。


その日は日が暮れるまで探し続け、次の日に明るくなったら探し回れるように、徹夜して仕事を片付けました。
貫徹なんて、いつ以来だったかわからないけれど、これっぽっちも眠くならなかったし、むしろ何かできることはないかと動き続けました。
その日のうちに嫁が警察への届け出、迷い鳥の張り紙づくり、迷い鳥サイトへの登録をし、自分は夜が明けてすぐに、張り紙を張って回り、自転車で近所を回って探し続けました。
いつも、ぴぃを呼ぶときに吹いていた口笛(ピィーピッ!って感じ)を吹きながら・・・
聞こえさえすれば、きっと反応してくれるだろうと思ってその時は必死でしたが、考えてみれば朝早くからかなり近所迷惑だったでしょうね(苦笑)

そして、仕事場のベランダに、ぴぃの鳥かごを出しておきました。
もし、偶然にでも見つけてくれれば、きっと帰ってきてくれると信じて。


・・・でも、ぴぃは帰ってきてくれませんでした。
あの子はものすごい寂しがりやだから、帰りたくても帰れなくて、困っているんじゃないかと想像するだけで胸が張り裂けそうな、つらい気持ちになります。

もし、うちに帰って来れなくても、誰かにひろわれていてほしい・・・
誰かに保護さえしてもらえれば、人懐っこくてとびっきり可愛いぴぃのことだから、きっと、ず〜っとかわいがってもらえると思います。
せめて、生きてさえいてくれれば、何も望むことはありません。

DSC08253.JPG

人が寝ていると、寄ってきて添い寝をしてくれたこと。
イタズラがばれたとき、マンガの一コマのような「バレたっ!」って表情をしてたこと。
ちょっとした時に姿が見えないだけですごい呼び鳴きをしてたくせに、仕事でいつもいなくなる時間には大人しくカゴに入ってくれたこと。
なぜかかかとの上がお気に入りで、そこにいるときはおとなしく寝ててくれていたので、それを基準に仕事を組み立てていたこと。
大丈夫かなぁ・・・と不安を抱えながら1泊の旅行に行ったとき、帰宅したときにドアを開けた瞬間に「ピィッ!」と鳴いて迎えてくれたこと。

とても書ききれないけれど・・・すべてが、忘れられない思い出です。


毎日、毎日、1日のほとんどの時間を一緒に過ごしていたパートナーとも言える存在が、ある日突然いなくなってしまう。
それが、こんなにつらいことだとは・・・思っていませんでした。

本当は、今でもあきらめきれないし、夢にも出てきます。
できることなら、戻ってきてほしい・・・

でも、せめて生きていて。
ぴぃ、愛してるよ。

DSC08222.JPG
posted by あきやん at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2017年10月16日

PlayStation4 購入

DSC05651.JPG

PlayStation4を購入しました。

もともとウチのAVシステムの中心にはPlayStation3があって、音楽も、HDDレコーダーとしても、YouTubeの再生機としても、AmazonPrimeの再生機としても使用していて、その機能には全く不満は無かったのですが・・・

さすがにそろそろ、次の時代に向けての足掛かりを作っておきたいと思ったことと、鹿島アントラーズの試合が見たくてDAZNに加入したことをきっかけに、PlayStation4を購入することにしました。

購入したのは、PlayStation4ジェット・ブラック1TBモデル

4K対応のPlayStation4Proにしようかとも考えたのですが、ウチのテレビが4K対応ではなくて大きさとしては現状ベストの47インチで、これ以上なく使い勝手の良いタイムシフトマシンが搭載されているものであるため、あと数年は買い替えることが想像できない、ということで、通常モデルにしました。

使ってみた感想ですが・・・
これを使ってしまうと、PS3に戻るのは難しいかもしれません。
HDDレコーダーにあたるTorneを起動する時間が10分の1以下の時間で済んでしまいますし、すべての動作がケタ違いに速くなっています。

ただ一つ問題なのは、PCで取り込んでNASに保存してある音楽のファイルが、今まではWMAのファイル形式で取り込んでいたために再生することが出来ない、ということです。
そして、PS4では、CDの再生、取り込みはできません。

PS4で再生できるファイルは、FLAC、MP3、AAC(M4A)だけなので、今まではPS3で普通に聞けていた音楽が、PS4では聞くことはできない、ということです。

まぁ、音楽を聴くためにはPS3を起動すればいい、ということではあるのかもしれませんが・・・

音質的な問題からmp3で取り込むことをやめていたということもあり、今後はPCでの音楽の取り込みは、FLACのファイル形式で取り込もうと思います。
実際、音質的にはFLACはハイレゾにも対応する形式ですし、以前に比べれば圧縮率はさほど要求されないですからね。

本当は、Amazon Prime Musicに対応してくれれば文句なしなんですが、そこはソニーの音楽配信サービスとの競合があるので難しいかもしれませんね。
(実は、自分が購入したマランツのNR1607の後継機、NR1608がAmazon Musicに対応したので、購入する時期を間違ったかとかなり落胆してます(T_T))


基本的に、ゲーム機であるPlayStation4を購入したからといって、ゲーム機として使う気持ちはほとんど無いのですが、無料で使うことのできる体験版がダウンロードできたので、いくつか試してみました。
バイオハザードとか、グラビティーデイズ2とか、ウィニングイレブンとか、F12016とかファイナルファンタジーとか、その他もろもろ。
バイオハザードは怖すぎて途中で止めるしかなかったし(苦笑)、他のゲームも、操作を覚える時間的余裕があるなら面白いと思えたのかもしれませんが・・・そんな余裕も無く(^_^;)

日々、時間との戦いをしている身分としては、購入してまでやろうと思うゲームはありませんでしたたらーっ(汗)

ただ、ビジュアルとしては、さすがにものすごく進化しているな、とは感じました。

操作的にはそれほど複雑になっていないと思われ、長く楽しめそうな「みんなのゴルフ」とか、「グランツーリスモ」とかなら購入してみようかな、とは思います。

本当は、プレイステーションVRも一度は試してみたい、とは思っているのですが、さすがにまだ高価なので・・・
手ごろになったタイミングで試してみれればいいな、と思っています。
posted by あきやん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PlayStation3&Torne

2017年08月14日

自作PCをリニューアル

DSC04799.JPG
今年の夏休みは、4年ぶりに自作PCを作り直そうと決めていました。

今回は12年ぶりにPCケースも新調する上、メモリーの規格も変わってしまっていたために、流用が効くという自作の利点がいつもほどは生かせず、使えたパーツは電源ユニット、(SSD、HDDなどの)ストレージ類、そしてブルーレイドライブだけでした。

今回、新たに購入したPCケースは、
Fractal Design Define R5 Titanium Grey
DSC04773.JPG
ツクモ電機の店頭に陳列してあったものの中で、静音タイプで1番のおすすめということだった上、見た目もかなり良いケースだったので、嫁さんのビジュアルチェックも無事通過(笑)

そして購入したわけですが、今回の自作で一番大きな驚きはこのケースでした。

今までのPCケースでは、電源ケーブルやら、SATAケーブルやらがマザーボードの上を複雑に行きかって、極めて雑然とした状態になっていたのですが、この新しいPCケースでは、それらの配線はマザーボードの裏を通るようになっているため、マザーボード上にはほとんどケーブルがなく、とてもスッキリした形になります。
DSC00975.JPGDSC00972.JPG

そして、HDDの固定の仕方が今までは横方向からのねじ止めだったものが、下からのねじ止めで、しかも振動対策でゴムの緩衝材をかませるようになっていました。
DSC00959.JPG
下からのねじ止めになったおかげで、SSDを固定するためのアダプターも必要なくなっています。

そして何より、ものすごく静か!
今までのものは冷却用ファンの音が常に聞こえている感じでしたが、今度のは起動しているのかいないのかがほとんどわからないくらいに静かです。

今回、このPCケースに替えて本当に良かったです。
今までのものも(特にビジュアルが)悪くはなかったですが、12年経ったらPCケースもここまで進化するんだと驚かされました。


組み上げ作業は、今までのケースから電源ユニットやストレージをすべて外す大掛かりなものになったのと、新しいケースでのコード類の取り回しが初めて経験するものだったので、ちょっと慎重に作業を進めたことで時間自体は結構かかりましたが、動作は何の問題もなくWindows10のインストールまでが終わりました。

DSC00978.JPG

新たに組んだPCのシステム構成は、
ケース:Fractal Design Define R5 Titanium Grey
CPU:INTEL Core i7 6700
CPUファン:白虎(BYAKKO)
マザーボード:ASRock Z170 Extreme6+
メモリー:DDR4−2400 8GB×2 トータル16GB
ストレージ:SANDISK SSD UltraU480GB
グラフィックボード:玄人志向 GF−GT710−E2GB/LP DDR3 2GB
ブルーレイマルチドライブ:Buffalo BR−PI816−FBS−BK
電源ユニット:シルバーストーン ストライダープラスST85F−P 850W
キーボード:マイクロソフト ナチュラルエルゴノミックキーボード4000
マウス:ELECOM ワイヤレストラックボール(人差し指操作タイプ)M−DT1DRBK
OS:Windows10 Home 64bit
DSC04777.JPG

本当はOSをWindows7と10のマルチブートにしたかったのですが、どうやらそれを実現するためにはハードルがあるようで(苦笑)

今後発売されるCPUでは、Windows10にしか対応しなくなるということで、Windows7を動かせる環境を確保するための作り替えでもあり、そのためにCPUの選択を現在のCorei7の最上位である7800ではなく6700にしたんですが・・・
まぁ、とりあえずWindows10を通常使って困らないくらいにしてから考えてみようと思います。

pcdata2017-8.jpg

性能的にどれくらい上がったのかは、体感的には今のところまだわかりません。
ただ、不安定だった動作が安定したのと、音が静かになっただけでも組み替えた価値はあったと思います。
posted by あきやん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PC