2018年03月20日

ノー・オカメ・ノー・ライフ

DSC06828 (1)0001.JPG
2月4日のこと。

1月23日にみぃが死んでしまってからというもの、悲しみに暮れる日々を送っていました。
あまりに悲しく、あまりに名残惜しくてみぃを埋葬することもできずにいたのですが、さすがにそろそろ安らかに眠らせてあげないとみぃが可哀そうだ・・・と・・・なんとか気持ちを整理して、みぃを、ちぃの隣に埋葬しました。

仕方ないとは思いながらも、あまりに悲しくて放心状態になっていたところ・・・


いつものペットショップから、電話がありました。

「白いオカメちゃんが入ったので、いつでも来てくださいね」

・・・正直、よりによってこんな日に、という運命的な気持ちもありましたが、命を預かるということに対する恐怖心が、まず最初に襲ってきました。

ただ・・・やはり、オカメと一緒に過ごした幸せな日々を忘れることは出来ず、一刻も早く引き取って来たい、オカメと一緒に生活したい!という気持ちには逆らえずに、その日のうちにペットショップに行き、うちに連れて帰ってきました。

ペットショップの方にも、みぃのいきさつは話してあったので、通常はしない、糞の検査、そのうの検査はしておいてくれたそうです。
あらかじめ検査しておいてくれたことは、本当にありがたく思いました。
ここのペットショップで、今回で4羽目を引き取ることになるわけですが、どの子もとても人に慣れてくれるのは、ここの店長さんの力もあるのかもしれないな、と思いました。

DSC027770001.JPG

引き取ってしばらく経って思ったこと、それは・・・

この子は、ものすごくぴぃに似ている。
まるで、大きさが小さくなって、飛ぶのが上手なぴぃがいるようです。

今までのどの子よりも飛ぶのが上手で、どれだけ長く飛んでも息を切らすこともありません。
なんと、ホバリングもでき、飛びながらどこに着地するかをきちんと考えていることがうかがえて、着地にも安定感があります。

身体的な欠点は全くなく、強いてあげれば、ルチノーのオカメ独特の、冠羽部分のハゲが大きいくらい(笑)

DSC027970001.JPG

ただ、ぴぃに似ているというだけあって、けっこうないたずらっ子です。
そして、食欲が旺盛で、人が何かを食べていると、無条件に寄ってきて、隙を見てはかじろうとします。
注意していないと、なんでも食べようとしてしまうので、気が抜けません。

名前は、リンちゃんにしました。
みぃの、「リ〜ン、リ〜ン・・・」という、あまりにも愛しい、鈴虫のような鳴き声にあやかってつけました。
ただ、これまでの子にはすべて小さい「ぃ」の字がついていて呼びやすかったのですが、「リン」って意外に呼びにくいですね(笑)

連れてきた最初の印象では、今までの子の中では一番人見知りしてあまり慣れなさそうな感じがしましたが、すぐになついてくれて安心しました。

DSC028090001.JPG

年が明けてからというもの、仕事がず〜っと忙しく、また、(ちぃも、みぃも、引き取ってきたときに書いたブログの内容にかかわるところが命取りになっていたこともあって)なかなかブログを書く気持ちの整理がつかなかったのですが・・・ようやく書くことができてホッとしています。

今度こそ・・・今度こそ、ず〜っと一緒にいてね。
そう願わずにはいられません・・・

DSC027670001.JPG
posted by あきやん at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ

2018年01月27日

みぃ、というたからもの

DSC015110001.JPG
2018年1月23日。

我が家の大切な家族・・・みぃが、天国へと旅立ちました。
みぃがうちに来て、ちょうど1か月。

・・・1か月・・・ウソだろ?
とてもそんなに短かったとは思えない。

みぃは、うちに来てからの1か月、ひたすら僕らを慕い、一時たりとも離れたくない、一緒にいたい!
そういう想いを実直にぶつけてき続けてくれました。

DSC02741.JPG

肩の上にとまり、顔を擦り付けているときには、まるで鈴虫のようなきれいな声で「リ〜ン・・・リ〜ン・・・」と、これ以上安心しきった、甘えた声ってあるのか?と思うような声で鳴きます。
そんな時にはもう・・・あまりに可愛くて、心が溶けそうになるくらいでした。
あの声を2度と聞くことができない、と思うだけで・・・涙があふれて止まらなくなります。

正直、この日記を書くのは、悲しすぎて、涙をボロボロと流しながら書くことになります。
ホントにつらい作業です。

それでも・・・
時間が経ってしまえば、きっと少しづつ忘れてしまうこと。
それを、絶対に忘れないように、記録に残しておきたいのです。

みぃという命が、この世にどういう足跡を残したのか。
自分たち以外、誰も知ることのない命が、この世に確かに存在していたという証明を、残しておきたいと思います。


先日の日記にも書きましたが、みぃは、うちに来た時にはすでに、鼻が詰まったような、ちくのう症のような症状を抱えていました。
食欲もあまりなく、うちに来て数日のうちに100グラムあった体重が、10グラムも減ってしまいました。
飛び始める時期で体重が減るのは自然のこととはいえ、あまりに急激な体重の減少に不安になり、鳥専門の動物病院に連れて行きました。

そのうの検査もしてもらい、心配していた寄生虫病ではないことはわかりましたが、鼻というよりも、のどの方に炎症が見られる、ということでした。
鳴き声が変なのも、きっとそこまで炎症が広がっているからだろう、と診断されました。
もし、この炎症が肺までいってしまったら、この子は死んでしまうよ、と言われました。

薬を処方してもらい、それを与え続けることで、だんだんと症状は改善していきました。
鼻が詰まったような感じもなくなり、鳴き声もきれいに出るようになってきました。

この調子でいってくれれば、きっと大丈夫だろう、そう思っていたのに・・・

それまで元気そうに、普通にしていたのに。
いつものようにみぃをかごに入れ、夕食を食べに行って、帰ってきたら・・・

何が起こったのか全く分からないのですが、みぃはゼェ、ゼェと息を荒くし、肩で息をしている状態になっていました。
なにか、呼吸器系の発作が起こったような状態でした。

苦しそうに、だんだん息が細くなっていくのを、僕らは背中をさすったり、声をかけたりするだけで、有効なことはなにもすることができず・・・
1時間ほど経ったころ、僕らの手の中で、息を引き取りました。

もう・・・なんて言っていいのか言葉が見つかりません。
ひたすらみぃの亡き骸を抱きしめ、泣き崩れることしかできませんでした。

どうして?なんでこんなことに?
何が起こったのかわからないだけに、受け入れられないし、信じられない。
でも、みぃはもう戻ってこない・・・その現実だけは変わらない。

また・・・家族の大切な命を守ってあげることが出来なかった・・・
その事実だけが、重くのしかかってきました。

正直言って、今は命を預かるということが怖くてたまらない。
あれだけ気を付けて、細心の注意を払っても、こんな悲しい結果になってしまったのだから・・・

DSC_00070001.JPG

みぃは、ビジュアル的にとても美しく、気品すら感じさせるおとなしい子でしたが、生き物としての欲求のすべてが、「一緒にいたい!」ということであるかのような、生き物として危ういとも思えるような子でした。

ぴぃも、ちぃも、本当によく懐いてくれていましたが、ぴぃは食欲が旺盛でいたずら好き、という個性があったし、ちぃは歌を歌うのが大好きで「教えて!教えて!」という欲求がありましたが、みぃはひたすら、「大好き!一緒にいて!」ということだけでした。
ぴったりとくっついてさえいられれば、生き物として最低限必要な「食欲」すらいらない、とでも言うかのように・・・
実際、お腹が空いても主張することもないし、自分から餌を食べに行くこともない。
お腹が空いているはずの時間だから、と餌のところに連れて行っても、さっさと肩の上に戻ってきてしまいます。

DSC02754 (1).JPG

仕方がないので、肩の上にいるみぃに餌を差し出し、食いついて勢いが出たところで(そのままだと仕事ができないので)肩から餌とともにおろして餌を食べさせました。
そんな調子だと体重が維持できないので、1日に何度もむき餌を多めに混ぜたさし餌を与えました。
それでもなかなか体重が維持できず、直近では80グラムを切るようになってきていました。
とはいえ、元気そうにしているし、病状が良くなれば食欲も出てきてくれるだろう、と考えていたのですが・・・

量的には十分食べているように見えるのに、体重が維持できていなかったというのは、やはり何か深刻な問題があったのだろうな、と、今では思います。
仕方がなかった、と、自分に言い聞かせようとは思うのですが・・・
悲しみが和らぐということは、これっぽっちもないので、意味がありませんね。

DSC02752.JPG

自分の人生の中で、あれほど純粋な、全身全霊の愛情を向けてもらえることは、今までも、これからもないと思います。
それでも・・・人生で一度でも、こんな経験をさせてもらえたことに、心から感謝したいです。

みぃ・・・ずっと一緒にいたかったなぁ・・・
一緒に外を散歩したかったなぁ・・・
こんなにかわいい子がいるんだって、いろんな人に見せびらかしたかったなぁ・・・
この子が人生最後のペットだったら最高だったのになぁ・・・

もう・・・叶わないけれど・・・

せめて、天国で、ちぃとつがいになって、仲良くしあわせに暮らしていてね。
いつか自分があの世に行くとき、ふたりが待ってくれていると思ったら、幸せが待っていると思えるから。

みぃ・・・本当に、うちに来てくれて、愛してくれて、ありがとう。
きみは自分の人生の、大切な宝物です。

DSC068000001.JPG
posted by あきやん at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オカメインコ

2018年01月10日

マランツ PM8005購入

DSC07179.JPG
プリメインアンプ、マランツ PM8005を購入しました。
これで、自分の趣味であるオーディオシステムが、自分が求める形としては完成しました。

システム構成は、
AVアンプとして マランツNR1607
パワーアンプとして マランツPM8005
メインスピーカーが Bowers&Wilkins CM5
センタースピーカー DENON SC−C33XG
サラウンドスピーカー DENON SC−A33XG 
ウーファー DENON DSG−55XG
DVD&SACDプレイヤー ONKYO SP−504(N)
マルチメディアプレイヤーとしてSONY PlayStation3&4

そしてテレビが東芝 REGZA 47ZG2
タイムシフトマシン&レコーダーが 東芝 レグザサーバー D−M470


およそ8年前
ヨドバシカメラの店頭で聴いたスピーカー、B&W CM5のキラキラとした音に魅せられ、購入してきたものの、自分のシステムにつなげたときに鳴った音には・・・ひたすら残念な気持ちばかりでした。

このスピーカーの実力は、こんなものではないのに・・・たらーっ(汗)

そして去年、AVアンプをマランツのものに買い替え、つなげて音を鳴らしてみると・・・
う〜ん、サラウンドスピーカーは良く鳴っているけれど、メインの2本の音が全然満足できませんでした。

オーディオコーナーの店員さんとも相談して、満足いく音を鳴らすにはフロント2本のために、ちゃんとしたパワーアンプを購入するしかないな、と思っていました。

そのために月々の小遣いを地道に貯めて、貯まったところでマランツのPM8000シリーズのどれかを購入できれば、と思っていたのですが・・・

他の用事でちょっと立ち寄った、ヨドバシカメラ秋葉原のオーディオコーナーで・・・
型落ちになったのと、正月セールということで、本来13万くらいするマランツのPM8005が68000円で売っていました。

これなら、現時点で貯めたお小遣いで買える・・・ぴかぴか(新しい)

新型のPM8006と聴き比べてみても音の違いは感じなかったし、店員さんも「音自体に違いはない」と言っていたので、心がグラグラ揺れました。
もともとアンプを購入するためにここに来たわけではなかったし、心の準備が全く無い中・・・購入することを決断しました。

別にこれまでのオーディオ関連をお小遣いで購入してきたわけではないのですが、自分自身の夢として、自分の理想のオーディオシステムを完成させるにあたっては、最後くらい自力感を出したかったというか(笑)

自分の予想としては、あと半年か1年くらい先に購入を検討するくらいかな〜、と思っていたのですが、このタイミングを逃して完全に製品が入れ替わってしまったらこの金額では買えないし、正直、ここで我慢して何の意味があるのかと思ってしまったので(笑)

DSC07185.JPG

うちに持ち帰り、システムにつないで音を鳴らしてみると、やはり店頭で聴いたような輪郭のはっきりした、キラキラとしたような音は残念ながら出ませんでした。
ただ、聞こえる音からギターやベースの弦や、ドラムや、シンバルを叩くスティックの姿が見えてきました。
耳を澄ませると、すべての楽器が鳴っているところがイメージできるくらいには、音の輪郭が見えるようになってきています。

正直、オーディオに興味を持ち始めたころには、これだけの音を鳴らせる環境を整えられるとは全く思っていませんでした。
そういう意味では、満足感はかなりなものがありますね。

うちの環境では、これ以上を望むことは出来ないと思います。
おそらくできることといえば、電源周りやコード類をより良いものに変えていくことくらいしかないでしょう。
まぁ、それは急ぐことなく、気が付いたときに替えていく、くらいでいいのではないかと思っています。
上を望めばキリがないですし、費用対効果を考えても、ここらがベターな所だろう、と思うので。

DSC07190.JPG
posted by あきやん at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual