2017年03月27日

Marantz NR1607 導入

DSC031600003.JPG
我が家のオーディオシステムには、致命的な欠点がありました。
オーディオシステムとして中心にあるAVセンターが、古い規格で作られたものであるため、システム全体を全く生かし切れていなかったのです。

具体的に言うと、今まで使っていたAVセンター、ONKYO TX-602では、今では当然あるべきHDMI入出力が無いので、D端子であるとか、光端子などを使って何とか使っている状態ではありました。
しかしながら、いかんせん配線が複雑になりすぎていて、しかも機器の数に対して配線できる端子が限られているため、使えなくなっている機器がいくつかありました。

そして、何よりスピーカーの性能を全く生かし切れていない、というのが最大の問題でした。

うちのオーディオシステムの最大の自慢は、メインスピーカーのB&W CM5です。
このスピーカーは、2009年にスピーカーの買い替えを検討していた時に、秋葉原のヨドバシカメラで試聴した音に惚れ込んで、心を躍らせて購入してきたものです。

しかしながら、自宅に持ち帰って接続し、音を鳴らしてみたところ・・・
それ以前に比べればはるかにいい音ではあったのですが、試聴させてもらったときの音とは音の輪郭であったり、キラキラした感じであったりが失われてしまっている感じがして、何とも複雑な、残念な気持ちになったものです。


当時から言われていたことですが、「B&Wを鳴らすならマランツ」
B&Wを世界的なスピーカーメーカーにのし上げたのは、マランツのおかげだと言われている、というのは、今回購入したお店のオーディオ担当の方の言葉です。
この方、元々はオンキョーに長く勤め、今はマランツ製品の販売を担当されているという方で、今回購入することになったのは、自分が知りたかったことがこの方によって良くわかったから、というところが非常に大きいですね。

マランツのアンプは、B&Wのスピーカーに合わせて音を調整されている、というのは知っていましたが、この日購入してきたNR1607は、CM5の上位機種、CM9に合わせて作られているんだそうです。

「CM9を鳴らすために作ったもので、CM5が鳴らないわけがない」とのこと。

ただし、その方が言うには、AVセンターにあまりお金をかけても、コストに対するパフォーマンスはさほど望めない、とのことでした。

当初、私はAVセンターを買い換えるなら、マランツのAV8802クラスのものを考えていました。

ただし、この機種の定価は455000円あせあせ(飛び散る汗)

そうはおいそれと出せる金額ではありませんたらーっ(汗)
それが今日まで買い換えることができなかった理由ではあったのですが・・・

その方が言うには、そのクラスの買い替えを考えているのであれば、このNR1607に、メインスピーカー専用にマランツのメインアンプ、PM8005をつないで使ったほうが絶対に良い、とのこと。

であれば、当面の課題であるAVセンターを最新規格に合わせるため、このNR1607を購入するのがベストなんじゃないか、と思い始めたところに・・・


他のお店に行っていた嫁さんが合流したところで事情を説明すると、

「これ、買って帰っちゃえばいいじゃない。今までの問題がほとんど解決するんでしょ?40万とかかかると思ってたものが、6万くらいで済むなら安いものじゃない!」

とのこと。
どうやら彼女にとっては、配線が地獄のように複雑になっているAVラックの後ろが片付くということに、何より価値を感じていたようなのですが(笑)

池袋のヤマダ電機に行って、このやり取りをしたのは先週、20日のことでした。
ともあれ、よもやその日に購入するとはこれっぽっちも思わなかったところが、思いもかけず自宅に持ち帰ることになりました。

しかしながら、その日は仕事も残っていて、とてもじゃないけどオーディオシステムに組み込む時間はない、ということで、ようやく今日接続することができたのでした。

DSC041700003.JPG

正直、システムを組みなおすのはものすごく大変でしたが、やっただけのことはありました。
ケーブル類は、以前に比べて半分以下になりました。
今までは、システムを組みなおすとか言ったら、やる前からげんなりするほど大変なことでしたが、現状ではシステムがものすごくシンプルになったので、組みなおすといっても以前ほど躊躇することはないでしょう。

そして、今まで配線の問題で使うことができなかった、SACD対応のCD、DVDプレイヤー、オンキョーのDV-SP504を使うことができるようになったのも嬉しいですね。

DSC041740003.JPG

そして、肝心な、その音ですが・・・
フロント2本を鳴らすには、ちょっと物足りない感じがします。
その代わり、サラウンドで鳴らしたときには、音に包まれる感じがハンパないです。

やっぱり、フロントスピーカーを最大限に生かすためには、専用のアンプを導入するしかないのかもしれないですね。

とはいえ、この日も仕事を含めてやるべきことが多くあり、ちゃんと検証できるほど聴くことができていないのが残念なところです。


来週は、ちょっと展開が読めないくらい忙しい感じです。
落ち着いて音を聴いてみる余裕ができるのは、一体いつのことになるやら・・・(苦笑)
posted by あきやん at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Audio&Visual

2017年01月01日

2017年

DSC023170001.JPG

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

今年も無事、初日の出を拝むことができました。
まずは幸先の良いスタートですね晴れ


昨年も、ず〜っと仕事に追われ続ける忙しい年でした。
勤めていた頃は、日曜日に仕事をするなんてことはほとんど無かったんですが、開業して以降は仕事をしないことの方が珍しいくらいになってしまいました。

まぁ、仕事場がものすごく近いということもあって、それほど苦ではないんですが。


それでも、昨年は嬉しいことの多い1年でした。

その中でも大きかったのは、うちに新しい家族が増えたこと。

6月に、念願だったオカメインコが家に来てくれました。
自分はペットを飼ったことがなかったので、うまく慣れてくれるのか心配でしたが・・・
全くそんな心配は必要ありませんでした。

常に自分たちの近くに居たがり、姿が見えなくなると呼び鳴きし続けて、姿が見えると肩めがけて飛んで来ます。(たまに顔面だったり頭の上だったりするけど)
鳥ってそんなに慣れるイメージが無かったんですが、想像以上にベタ慣れで驚きました。
DSC00114 (1)0002.JPG
ただ、とにかく鳥かごの中にいるのが嫌いな子で、姿が見えていればず〜っと右に左にサイドステップを繰り返し、「ここから出して〜!」の猛アピール。

出してあげたからといって、する事といえば毛づくろいくらいなんですけどね(笑)

なので、仕事中もほぼ放し飼い状態になっているのですが・・・
困ったのが、ものすごいイタズラ好きなこと。
ケーブル類はガジガジかじるわ、紙は食いちぎるわ、仕事の道具は持ち去るわで、毎日振り回されています(苦笑)
でもまぁ、可愛いから許してしまうんですが。

そんなわけで、日々の生活が激変しました。
それでも、それ以前に比べれば、毎日が明るく、幸せを感じることが多くなりました。


それと、去年1年だけで3回もライブを観にいけたこと。
1月と11月に藤田麻衣子の弾き語りライブ、同じく11月にメロキュアのライブに参加できました。
藤田麻衣子のライブも素晴らしかったのですが、メロキュアについては思い入れが13年分募っていて、(リーダーの岡崎律子さんが亡くなられているため)決して行われることは無いと思っていたライブだったので、参加できたことが本当に嬉しかったですね〜!


特に悪いことも起こらず、幸せを感じることが多い良い一年でした。
本当は、もう少し自分の時間が作れればもっと良いとは思いますが(苦笑)

今年も、何事もなく良い年でありますように・・・
posted by あきやん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常日記

2016年11月14日

メロキュア メロディック・ハード・ツアー

DSCN22220001.JPG

今日は、メロキュアの「メロディック・ハード・ツアー クレッセントガーデン」に参加してきました。

メロキュア、と言ってすぐにわかる人はほとんどいないとは思いますが、無理もありません。

2002年にシンガーソングライターふたり、岡崎律子と日向めぐみにより結成されたのですが、2004年5月に岡崎律子さんが病気により急逝してしまったために、残念ながら活動が止まってしまったというツインヴォーカルユニットでした。

当然ながら、ライブに参加することなんて、絶対にありえないことと思っていたのですが・・・


なんと昨年、メロキュア結成13年目にして初のワンマンライブを行う、という情報を得て、ぜひ参加したいと思ったのですが、気づいたときにはすでにチケットはソールドアウト。
参加することは出来ませんでした。

そして今年、会場を去年よりも広い品川ステラホールで行うと聞き、チケットをゲット!
絶対に見ることはないと思っていた、メロキュアのステージを観ることができたのでした。


当然ながら岡崎律子さんはステージにはおらず、律子さんパートは録音された歌声ではありましたが、歌うパートをいじったり、口笛を使ったりして、寂しさを感じさせない素晴らしいステージでした。

リアルタイムで聞いていた人たちがそのまんま14年経っているので、観客の年齢層は当然高めではありましたが(笑)、会場の人すべてが、演奏しているすべての曲を知っているのが伝わってくる、見事な一体感、見事な盛り上がりでした!

特に「ホーム&アウェイ」は、たった2回目のライブとは思えない、今まで何十回とくりかえしてきたかのような見事な会場からのコーラス!
この曲は、律子さんが亡くなって1年以上経ってからリリースされた曲で、喪失感を埋めるかのように繰り返し聴き続けた曲でもあったので、おそらく会場みんなが思い入れを持っている曲だったんだろうと思います。
さすがに、その一体感に、身体に震えがきました。

本当に、会場が一体となった素晴らしいステージでした。


メロキュアが再び活動を始めたのは、メロキュアのファンであったクラムボンのベーシスト、ミトさんと、メロキュアのメンバー、日向めぐみ(meg rock)さんとが出会ったことがきっかけだったそうです。
そこらへんのいきさつはこちらに書かれています。

こんな、望みようもなかったことを実現してくれた偶然の出会いに、感謝せずにはいられません。

律子さんが残した音楽を、愛する人たちが今に残し続けている、ということがとても尊いことだと思います。
聞き手としても、それを支えていけたらいいな、と思っています。
これからも、ライブが行われるのであれば、可能な限り参加したいですね。

DSCN22190001.JPG
posted by あきやん at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Music